読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てかてんの書斎

書斎は「学んだり、考えたり、静かに読書したりする場所」だと思います。ここでは、自分の書斎かのように「学んだり、考えたり、書籍について考察したり」する場所です。明日をもっと素敵な一日にするための、考え方・習慣・仕組みについてもお話していきます。

本の価値、読書の価値って何だろう?

本、読書
f:id:Tekaten:20170315221351j:image


本そのものが持つ価値、本を読むという読書の価値。

ふと考えてみたのですが、本そのものが持つ価値と本を読むことによって得られる価値って全然違うなーと思います。

同じ本を2人の人が読んだとして、その本から何を学ぶのか、本から何を考えるのかは、すべての人が異なるものです。

私自身、この本から何を学んだ?と考えてみると、案外内容を覚えてすらいないこともしばしば。

本を読むときのやる気とか、体調とか機嫌とか、精神的な部分も影響があるのだなーと思います。


そんな本の価値、読書の価値について、どんなものがあるのかな?と考えてまとめてみたのが今日の記事になります。

人それぞれ、本や読書に対する考え方も違うので、色々な意見の一部として読んでいただけると嬉しいです。


今回のトピックはこちら!


本の価値って何だろう?
読書の価値って何だろう?
読者が価値を見出すこと、読書という行為に価値を付加すること
終わりに





本の価値って何だろう?



まずは、本の価値って何だろう?というところから考えてみたいと思います。

本の価値は、言い出したらきりがないくらいたくさんあると私は考えています。



まずは学ぶこと。

学びに関しては、ありとあらゆるジャンルに渡りますが、基本的には学びたいことのほとんどが本になっています。


教科書として英語や数学なども本になっていますし、なりたい職業につくための資格本、旅行が好きなら旅行雑誌やまとめ本、料理を学びたければクックパッド

これだけではありませんよね。

ファッション好きにはファッション雑誌、健康維持のための専門誌、物語を楽しむ小説、経営者やプロのスポーツ選手の人生を描いたエッセイ。

本当になんでも本で学べるようになっています。

いまでは、Kindleなどの電子書籍端末を使えば、海外の本でも簡単に手に入れて読むことも。

本当に、便利な世の中になりました。


このように、本は学びのツールとして、昔も今も大切な価値を提供してくれています。




二つ目は娯楽。

学びの項目にも入れましたが、メインは小説です。

物語の世界を通して、何かを学んだり、単純に娯楽として物語を楽しんだりすることが、手軽にできます。

フィクション作品なら、現実では起こりえない体験を物語りで楽しめたり、自分が普段生きる世界とは違うところを楽しめたりします。

文章の世界から、感動したり興奮したり、様々な感情を楽しむことができます。


ノンフィクション作品なら、現実で起きていることを追体験できます。

より感情移入して、物語を楽しめるのです。

このように、本の価値には娯楽の要素もあり、多くの読書好きは娯楽のために読書を楽しんでいるのだと思います。






読書の価値って何だろう?




読書の価値は、その人の性格が現れる部分でもあります。

本を読むことで、娯楽として楽しみたいのか、向上心から何かを学びたいのか、はたまた本を読んでいる自分を評価してもらいたい自己顕示欲からくるものなのか。

ただ、本を読むという行動に対しても、いろいろな価値の見出し方があります。

おもしろいですよね。


シンプルに考えると、趣味として娯楽と捉えて楽しむのは素敵なこと。

学びもそうですね。

自分のための自己投資として勉強する手段に活用している。

さらに自己顕示欲も素晴らしいと思います。

元来、人間は自己顕示欲の塊だと言います。


人に読書をしている自分を知ってもらって、頭の良いイメージを持って欲しいとか、努力家のイメージを持って欲しいとか、そういった自己顕示欲を満たすための読書。

これも、立派な読書の動機付けだと思います。

周りに認めてもらいたいという理由で本を読んでいたら、色々吸収しようと頑張れますし、結果的にたくさんの学びを得ることもできるでしょう。


読者が本を読むことに対してどういう価値を見出すのか。

ここが、本を読む上で考えておきたいポイントです。

学びのためなのか、キャリアのためなのか、娯楽のためなのか。

他にもたくさんあると思います。






読者が価値を見出すこと、読書という行為に価値を付加すること





読者がそれぞれに自分なりの価値を見出せば、読書の幅はどんどん広がっていきます。

実は、価値の見出し方はそれだけではありません。


読者が、本を読むことについて価値を付加するということも、面白いと考えています。

簡単に言うと、読書ってこんな楽しみ方もできるよね!っていう新しい着想で、読書を楽しんでみては?ということですね。

読書会が良い例です。


みんなで本を持ち寄って、同じ空間で本を読んだり、読書感想をプレゼンしてシェアしたりするのですが、
一人で楽しむ趣味であった読書が、みんなで楽しむ読書という付加価値によって新たな楽しみ方に繋がっています。

普段読まないタイプの本に触れたり、自分と異なる感想を耳にすることで、読書に対する価値観も変わるきっかけになるかもしれませんね。


ブログで書評を書いたり、Amazonなどのネット販売サイトにレビューを書いたりするのも一つの手段です。

不特定多数の人に、本の紹介をすることで、読むだけでなく次につなげる読者ができます。

自分が好きな本をより多くの人に読んでもらおう!というのも、新しい楽しみ方ですね。


このように、読者がそれぞれに価値を見出し、付加価値を与えることによって、これからの読書事情は進化していくのではないでしょうか。






終わりに




自分にとって読書ってなんだろう?

これは、本を読み始めてから長い時間をかけて考えてきていることですが、時が経つにつれ、本をたくさん読むにつれ、答えが変わってきています。

最初の頃は、何か自分が変わるきっかけになるようなことを学べるんじゃないか?と思っていましたし、
数年経つと自分にとって必要な趣味として位置付けられていました。

いまとなっては、かけがえのない趣味であり、もっと読書の輪を広げていきたいと思っています。


近年は、Amazonなどのインターネットメガ書店が普及したことで、小さな書店が閉店を余儀なくされていると聞きます。

リアルの世界から書店が少しずつ減っていき、電子書籍がより普及すると紙の本もいまより減少するでしょう。

しかし、そんな中でも、古くから親しまれてきた紙の本をリアルの書店で手にとって購入し、多くの人と分かち合う。

そんな楽しみ方をしていきたいと思っています。



ブログで本についての記事を書き、書評も書く。

たくさん本を読んでいる姿を周りの人が見て、本って面白そうだなって思ってもらう。

趣味が読書だと認知してもらうことで、知人の中で読書という行為が少しでも印象に残る。

今のところはこの程度の活動しかできておりませんが、
いずれは読書会を開催してみたり、読書好きの人と何か新しいことを始めてみたり、はたまた自分自身が人を楽しませる本を書いてみたり。

もっと読書を素晴らしいものに、そして多くの人に楽しんでもらえるようにしたいなーと思います。







SNSを活用して、無意識に新しい本と出会う

本、読書
f:id:Tekaten:20170315220927j:image


新しい本を探すとき、書店に行って探してみたりインターネットの通販などで探してみたりすると思います。

私も基本的には書店とインターネットですが、それではどうしても自分の好きなジャンルや作家、似たような本ばかり目に留まってしまいます。

もちろん読書は趣味ですから、好きな本を好きなだけ読むというのも間違ってないのですが(笑)

せっかくの趣味なので、出来れば普段読まないジャンルの本を読むことで、読書という趣味の枠が広がっていきますから、
色々な本を読みたいものです。

普段読まないような本を読んでみようとするとき、書店で興味があまりない本をお金を出して買ってみようとはなかなか思いません。


そこで、自然と興味を持てるようにするには?という考えで、SNSを活用する本との出会い方をまとめます。

ポイントは、無理して好みと違うジャンルの本を読もうということではなく、自然と無意識に興味が持てるようになろうというところ。

SNSを使えば、その点も解決してくれます。




SNSの読書コミュニテイに参加して、無意識に情報を手に入れよう




Facebookを例にしてお話しします。

Facebookには、様々な趣味やジャンルに応じてコミュニテイを作ることができます。

そのコミュニテイの中には、読書に関するものも多数あって、参加している人数が多い読書コミュニテイに入れば、皆が読んだ本の簡単なレビューがタイムラインにでてくるようになります。

普段からSNSを活用している読書好きの人は、そこに入ることでタイムラインを見ながら新しい本と出会うことができるようになります。

仕事の休憩時間や、ちょっとした合間にSNSを眺めていると、ふと気になる本のレビューを見ることができるのでとても重宝しています。

新しい本を探すとき、自分から本を探しに行くとどうしても好きな本しか目にとまりにくくなります。

それは仕方のないことですよね。

基本的には好きな作家だったり、好きなジャンルだったりを探しているので、その他の興味が薄い本には反応しにくいものです。

書店であっても、インターネットの通販であっても同じで、自分の好みから外れた本はなかなか手に取りません。


しかし、SNSを使えば、意識していなくてもタイムラインに乗るわけですから、本の装丁やタイトル、簡単な書評を読んで意外な本にも興味を持てるかもしれません。


実際に私も、Facebookの読書コミュニテイに入ってみて、何冊か本を買うきっかけになりました。

今後買おうかなと思う本も、何冊かピックアップできています。


やっぱりすぐに目につく本は好きなタイプの本ではありますが、その中で何冊かだけでも新しいジャンルの本があれば、収穫です。

その何冊かが、これからの読書の幅を広げてくれるかもしれません。

もし興味があれば、SNSの読書コミュニテイに参加してみてはいかがでしょう?



本を何冊読むかは、年始に計画を立てよう

本、読書
 

f:id:Tekaten:20160330000303j:plain

 

 

 
ゆっくり休んだ年末年始から仕事モードに切り替える時期が過ぎ、少しずつ日常に帰りつつあるこの頃ですが、
この年始に何を決めるかによって、一年の動き方が変わってきます。
 
いわゆる初め書きをするわけではありませんが、年始に今年の計画をざっくり立ててしまいましょう。
 
読書好きな私の場合、資格や勉強、貯金やプライベートの計画ももちろんですが、今年どれだけの本を読む!という計画もやってしまいます。
 
初めて年に100冊の本を読めたときも、この年始の計画に基づいてなんとか達成できたので、計画を立ててそれを実行するのは大切なことだなーと思います。
 
ということで今回は、年始に計画を立てることの大切さをまとめると共に、私自身の今年の読書計画をこの記事の中で立てていきたいと思います。
 
 
今回のトピックはこちら!
 
 
計画した場合と計画しなかった場合の違い
 
決めた目標に対して逆算する
 
ひたすら実行!
 
終わりに

 

 
 
 

計画した場合と計画しなかった場合の違い

 
 
 
 
まずは、計画することがどのくらい大切かを考えることから始めてみましょう。
 
当たり前ではあるのですが、計画はきちんと立ててやることで、実現の可能性が高まります。
 
ある目標を持っていても、人間はあまり覚えていられないものです。
 
1日に大量の情報を処理している脳みそですから、常に目標を覚えていられるわけがありません。
 
ふとしたときに、
 
 
「あー、そういえばあんな目標あったなー」
 
と思い出すことはありますが、思い出すたびに行動していない自分を振り返ってやる気を失ってしまいます。
 
そこで、年始にしっかり計画を立て、できれば手帳やスマホのメモなど、繰り替えし目につくところに書いてしまうと良いです。
 
私の場合は、日々愛用しているシステム手帳の最初のページに今年の目標をずらりと並べ、毎日必ず読むようにしています。
 
毎日読んでいると、目標が脳に刷り込まれて、頻繁に思い出すようになりますし、その目標を達成する行動を起こしやすくなります。
 
 
 
 
 
 

決めた目標に対して逆算する

 
 
 
 
目標を立て、それを手帳などに書き込んで読むこむ習慣をつけると同時に大切なのが、決めた目標に対して逆算するということです。
 
例えば、
 
年に100冊の本を読む!
 
と目標を立てたとすると、12ヶ月で割り算して、一月あたり8か9冊読まなければいけないと計算します。
 
月に8冊なら、週に2冊。
 
さらに細かく逆算すれば、3日半で1冊。
 
1冊300ページの本ならば、1日に100ページ。
 
つまり、1日に100ページ読むだけの時間を確保すれば、年間100冊という目標を達成できることがわかります。
 
ここまで逆算できれば、その目標が実現可能なレベルのものなのかもわかりますし、自分の今の読書量が適しているのかも判断しやすくなりますよね。
 
もっと突き詰めると、自分の読書スピードまでみてみると良いでしょう。
 
例えば、1ページ1分なら、100ページで100分になりますから、
毎日1時間40分の読書時間を確保できれば合格。
 
朝起きて10分、通勤の電車で30分、家事を終えた自宅のフリータイムで30分、寝る前に30分など決めていけば、1日で1時間40分の時間を作り出すことは案外簡単です。
 
他にも目標があるから、さすがに1時間40分は。。。という場合は、年間50冊に変えてみたりすることもできますよね。
 
1日に50分で良いので、朝起きて10分、通勤電車で30分、寝る前に10分でも達成できますから、自分の他の目標とも照らし合わせながら考えてみましょう。
 
 
このように、立てた目標に対してすべて逆算していき、1日にあたりの取り組み量と取り組む時間のタイミングを計画に盛り込んでいく。
 
 
これだけでも、目標達成にどんどん近づくことができます。
 
 
 
 
 
 

ひたすら実行!

 
 
 
 
 
ここまで目標を逆算して、行動計画まで立てることができたなら、最後はひたすら実行あるのみ!
 
1日にやるべき量まで確定しているので、ひたすらそれを達成していきます。
 
体調不良や急な用事で予定が狂うことも多々ありますが、今日達成できなかった分は明日に回したり、休日で調整するなどの対応をとりましょう。
 
細分化しているからこそ、どれだけ足りていないかもすぐにわかるのでとても便利です。
 
できれば週に1回程度、進捗が遅れているか早まっているかを確認し、その都度調整を入れるとよりよいでしょう。
 
目標を立て、今自分がどれだけ進んでいるかを目で見て確認できるだけでも、
ものすごい効果があると実感できるはずです。
 
自分が予定より進んでいればテンションもあがりますし、もうちょっと攻めてみようかな?という気にもなります。
 
また、予定より進んでいなかった場合は、もっと時間を確保しようとか、効率良くこなそうとか考えることもできますよね。
 
こうした現状把握こそ、目標達成には必要不可欠なステップなのです。
 
 
 
 
 

終わりに

 
 
 
 
目標を立てて、計画を作る。
 
実は小さい頃から教えられてきたことですが、大人になっても案外取り組めていないものです。
 
もしかしたら、これまで目標や計画を立てたことすらない人もいるのではないでしょうか。
 
一度試してみると、やらないともったいない!と思えるほど素晴らしいスキルなのですが、気がつくためには実行あるのみです。
 
取り組むまでは気乗りしないものですが、一度試してみてほしいと思います。
 
私自身、20歳くらいの頃からようやく目標と計画を立て始めたのですが、毎年なんとか目標達成することができています。
 
そうすると、次の年はもっと難しい目標を立てたりするようになって、どんどんステップアップできている感覚があります。
 
 
長期的な目標には必ず計画と、日々の行動にまで落とし込む細分化。
 
ぜひチャレンジしてみてください。