読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てかてんの書斎

書斎は「学んだり、考えたり、静かに読書したりする場所」だと思います。ここでは、自分の書斎かのように「学んだり、考えたり、書籍について考察したり」する場所です。明日をもっと素敵な一日にするための、考え方・習慣・仕組みについてもお話していきます。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

他人や機械、パソコンなどに仕事をやらせる時代になっている

 

f:id:Tekaten:20160916071603j:plain

 

 

この記事は、「働くこと・仕事」に関する連載記事になっています。

 

 

働くこと・仕事に関する連載の第5弾は、「他人や機械、パソコンなどに仕事をやらせる時代になっている」というテーマでまとめていきます。

 

連載の過去記事はこちらから。

 

 

第1弾 「働くこと・仕事」について連載します

 

tekaten.hatenablog.jp

 

 

第2弾 「働くってどういうこと?」 

 

tekaten.hatenablog.jp

 

 

第3弾 「会社には本当に色々な人がいる」

 

tekaten.hatenablog.jp

 

 

第4弾 「仕事のやりがい」について考えよう 

 

tekaten.hatenablog.jp

 

 

 

ここまでは、自分自身が働くことについてまとめてきました。

 

この記事では、近年機械やITのめまぐるしい発展によって、ロボットやパソコンが人間の代わりに仕事をするようにもなってきています。

 

単純作業や、膨大な量を計算する仕事など、人間よりもロボットやパソコンのほうが正確かつ早く仕事ができる分野も少なくありません。

 

言い換えれば、人間よりも優れた成果を出す分野が増えてきている。

 

これ、よく考えるとすごく怖いことでもあります。

 

 

 

人間は知的労働によって価値を得る


知的労働以外では、育成や改善なども人間の仕事


これからの働き方を考えよう


終わりに

 

 

 

 

人間は知的労働によって価値を得る

 

 

 

これからどんどんITが発展していくと、人間はさらに仕事を機械やロボットなどに取られていってしまうでしょう。

 

それは、単純労働作業だったり、製品の組立や組み付け作業だったり、清掃だってロボットができる時代になってきています。

 

もちろん、繊細な作業なんかは人間の手を使わないと無理がある部分もありますが、技術が進歩すればそれも機械に奪われる可能性があるのです。

 

 

唯一、人間にしか絶対できない仕事があります。

 

それこそ、「知的労働」なのです。

 

物事を考えて新しいアイディアを出したり、こうした方が作業が効率よくできるなーと改善案を出したり、同僚と会議で意見の出し合いをしたり。

 

これらは、人間だからこそできるコミュニケーションと知識を活用する仕事の進め方です。

 

この先、人工知能が発達しても、人間味のある考え方や悩み方、コミュニケーションの取り方はできるようにならないと私は考えています。

 

人間らしさは絶対に再現できないと考えているからですね。

 

 

 

人間は、単純作業や計算作業などを機械やパソコンにとられるなら、知的労働の力を身につけて勝負していくことが理想です。

 

 

ここで気をつけておきたいのは、現在人が行っている作業系の仕事が、全て機械に取られてしまうと言っているわけではありません。

 

例えば、その作業系の仕事ももっと改善する余地があったり、その作業工程や作業設備を制作するのは人間ですし、機械に作業を教えるのも人間なのです。

 

作業を機械が取って代わるとしても、そこに人が入り込むのは間違いありません。

 

 

人の知恵があって、

 

「この作業は機械にさせた方がコストを抑えることができる」

 

という知的労働過程があって、さらにそれを機械に教えるためにはどういう構造の機械やプログラム、ティーチングが必要なのか?を考える知的労働過程もあるわけです。

 

作業系の仕事と言っても、そこに知的労働がないわけではありません。

 

どんな仕事だって知的労働はあるのです。

 

これから先は、その知的労働の周辺にある作業系の仕事を少しずつ機械やロボットにシフトしていく時代になるといえるでしょう。

 

 

 

 

 

知的労働以外では、育成や改善なども人間の仕事

 

 

先ほどのトピックで改善に当たる業務の内容について触れてみました。

 

何かを考える、改善する、よりよくするための方法を考える、

 

こういった活動も、広義には知的労働に含まれていると思います。

 

 

こうした知的労働だけではなく、人間には必ずどの職場でもやらなければならない仕事があります。

 

この仕事も絶対に機械には取って代わることができない仕事です。

 

その仕事とは、「人財育成」の仕事です。

 

 

どんな仕事にも、必ず人財の育成が必要になります。

 

今、世界で最も優れた技術を持った人が会社にいるとしても、その人が会社で働けるのはせいぜい数十年。

 

でも、その会社は今後も継続して事業を行う努力を続けるはずです。

 

だとすると、優れた人が仕事をし、新しい技術や商品を開発することだけに専念させると、会社としては一時的な利益にしかならないのです。

 

優秀であればあるほど、人財育成をするべきだと私は考えています。

 

優秀な人が「2」の仕事ができたとしても、「1」の仕事ができる人を2人育てることができれば同等になります。

 

その「1」の仕事ができる人を、「1.5」に育てることができれば、2人で「2」を超えてしまいます。

 

1人の力には限界がありますし、その人の24時間も他の人と同様です。

 

しかし、仕事ができる人をたくさん育成できれば、効率は何倍にも跳ね上がる。

 

これからの働き方は、自分一人で技術を磨くばかりではダメで、他人に仕事を教えること、仕事を覚えるために必要な教科書やマニュアル、仕組みを構築して今後も人財育成が捗るものを制作すること。

 

これこそ、ロボットや機械にはできない、「人間だけの仕事」なのですね。

 

 

 

 

これからの働き方を考えよう

 

 

最後は、これからの働き方について少し考えてみます。

 

近年では、働き方も多様化してきて、ただ会社に勤める以外にもたくさんの働き方が生まれています。

 

フリーランスで働くと言うと、昔は会社を立ち上げることとイコールだったと感じますが、今ではネットで物販したり情報を販売したり、何かコンテンツが人気になれば広告収入が得られたりと、個人がチャレンジする幅も広がっています。

 

会社勤めでも、他の会社に転職することだって考えられるでしょう。

 

人生一度きりだと考えると、自分のステップに応じて仕事を変えていったり、新しいことにチャレンジすることも視野に入れていいと思います。

 

 

もちろん、本業をそのまま続けていって、副業で違った楽しみ方をするのも良いでしょう。

 

大企業であれば、物を開発する部門、企画する部門、作る部門、営業する部門、販売する部門、クレーム対応をする部門、人事部門、経理部門など、

 

企業内に全く違った仕事がたくさんあります。

 

その中で、自身がやってみたい仕事にチャレンジしながら「社内で転職」してみるのも面白いのではないでしょうか。

 

 

大切なのは、ただ毎日働いているという状態にしてはいけないということです。

 

今後自分がどうありたいのか。

 

どんな仕事がしたいのか、仕事でどんな技術や知識を得たいのか、プライベートとのバランスはどうしたいのか、キャリア形成はどうしていきたいのかなど、

 

ある程度ビジョンを持って仕事をしていくと、得られる成果も変わっていきます。

 

 

私の場合で一例を挙げてみると、

 

今、製造メーカーで商品開発をしていますが、開発に携わる部門が3つほどあります。

 

現状では、その3つの部門すべての仕事を理解して開発できている社員はいないように思えます。

 

1つの部門で技術を磨き上げることはもちろん重要。

 

でも、3つの部門すべてを経験した人がいれば、各々の立場がわかる円滑な開発ができます。

 

全体が見えるからこその人財育成も可能でしょう。

 

私は、社内でのキャリアは「3つの部門を駆け回って、自分にしかできない開発業務を行うこと」と「その技術や知識を生かした人材育成ができる社員になること」を目標としています。

 

また、プライベートでは、ここで今書いているようなブログ活動と、毎日日課にしている読書という趣味を十二分に楽しみながら生きていきたいと思っています。

 

読書はこれからジャンルを広げ、1日に読めるページ数も増やしていくという目標がありますし、ブログももっと価値のある記事を書いて、読者を増やしたいという目標があります。

 

 

仕事にせよ、プライベートにせよ、目標を持つからこそ、日々の行動に意味を持たせることができると思っています。

 

参考の一つにしてみてください。

 

 

 

終わりに

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

働くこと・仕事に関する第5回目の連載になりましたが、この連載もあと少しで終わりになりそうです。

 

 

働くことや仕事をすることは、一生かけて考え、取り組むテーマです。

 

こうして記事にまとめていっても、現状の私の価値観から生まれる考え方に過ぎず、これが正しいというわけではありません。

 

でも、これまで仕事について真剣に考え、取り組み、たくさんの本から情報を仕入れてきたからこそ、今の考えがあるのです。

 

誰がどう考えていたとしても、自分の人生です。

 

誰かの考えに共感できれば、それを自分の価値観に放り込んでいきます。

 

共感できなければ、反面教師としてそれも価値観に。

 

そうして人の価値観は成長していくのだと思います。

 

 

まだまだ未熟な私ですが、こうしてブログをまとめていくことにも、自身の成長があると信じております。

 

 

本とか映画に関してはお前に聞けば間違いないと言われてうれしかった話

 

f:id:Tekaten:20150216215109j:plain

 

 

 
 
先日の話。
 
普段あまり映画を見たり小説を読んだり、いわゆる物語を楽しむ習慣がないという先輩から、
 
 
 
「本とか映画に関してはお前に聞けば間違いないな」
 
 
 
と言ってもらえる機会がありました。
 
 
その先輩は、勉強してます!とか本読んでます!と言った真面目タイプとは正反対で、むしろ真面目タイプとは合わないような方です。
 
だからこそ、その先輩からあんな言葉が貰えるとはまったく思わず、とても嬉しく思いました。
 
 
きっかけは、本を一冊と映画を一本紹介して、それが予想以上におもしろかった、というものなのですが、
この一連のエピソードから考えたことをまとめたいと思います。
 
こうした日常の些細な行動が、読書家を増やしてくれることを祈ります。
 
 
 
今回のトピックはこちら!
 
 
自分の趣味を周りに認知してもらうと、趣味仲間が増える
 
趣味を押しつけるのではなく、相手から拾いに来るのを待つ
 
趣味を共有する楽しさと嬉しさ
 
終わりに

 

 
 

自分の趣味を周りに認知してもらうと、趣味仲間が増える

 
 
 
ある人を思い浮かべた時、その人の趣味といえばこれ!といえるものが浮かぶでしょうか。
 
もし浮かぶのであれば、その人は趣味を周りに伝える手段を持っているということです。
 
この、周囲に趣味を伝える手段というのはものすごく重要で、趣味がその人の人となりや能力を宣伝してくれるような感じ。
 
 
例えば、私の趣味は読書ですが、読書の趣味を相手に伝えやすいように工夫しています。
 
SNSやブログで書評を書いたり、人前でも本を読んだり、人に本をお勧めしたり。
 
そうして周囲に認知してもらうことで、本のことならこいつに聞こうとか、私も読書が好きだから話してみようとか、読書好きなら頭がいいだろうと言った、広がりを作ってくれます。
 
 
結果として、趣味仲間が増えたり、趣味をきっかけにして人間関係が増えたり、仕事のチャンスを掴んだりできます。
 
今回先輩が言ってくれた言葉も、こうした読書という趣味を先輩が認知していたからこそ起きた結果です。
 
 
趣味はできるだけ、周りに嫌なイメージを与えない範囲で周知する工夫をしてみると面白いでしょう。
 
 
 
 
 

 

 

趣味は押し付けるのではなく、相手から拾いに来るのを待つ

 
 
 
趣味というのは、誰かにわかってほしい、あなたにも好きになってほしい、という感情がでてしまうものです。
 
自分が好きでたまらないものなのですから、人にお勧めしたくなる気持ちはわかりますよね。
 
 
相手も興味を持って聞きに来てくれているなら、ぜひそのおもしろさを存分に教えてあげてください。
 
しかし、それほど興味を持ってくれてないのに、こちらから一方的に押しつけると、かえって逆効果。
 
 
勧めたい気持ちはぐっとこらえて、相手から
 
「なにそれ、おもしろいの?」
 
とか、
 
「何かおすすめのやつ教えてよ!」
 
と、声がかかるまでは、前述したように趣味を周りに認知してもらえるように努めた方の建設的です。
 
 
 
 

 

 

趣味を共有する楽しさと嬉しさ

 
 
 
趣味は、基本的に努力が苦痛ではありません。
 
どちらかというと、自然と努力して、自然とその活動に時間やお金を使うことができるのが趣味です。
 
だから、皆能動的に趣味活動へとエネルギーを向けることができます。
 
自然と努力できて、エネルギーをつぎ込めるなら、それだけ結果もついてきますし、さらに趣味の楽しさを知っていきます。
 
人生でたくさんの時間をかけてきている趣味ですから、親しい友人や知人にも伝えたいという気持ちが出てくるのもまた自然なことです。
 
 
そして、趣味を他人と共有できれば、また新しい楽しみ方も見えてきます。
 
何より、趣味を分かち合う楽しさや嬉しさが感じられることが素敵ではないでしょうか。
 
 
今回の私のケースでも、普段仲良くしている先輩が興味を持ってくれて、それが私の知らない先輩の友達にまで広がりを見せ、とても嬉しい気持ちになりました。
 
趣味の輪が広がり、またそこから新しい人のつながりが生まれる。
 
これからもどんどん趣味を分かち合っていきたいと思ったほどです。
 
 
 
 

終わりに

 

 

てかてんの書斎では、本を通じて学ぶ事や考えること、そもそも本を読むことを楽しむということについて多くの方と共有したいと考えて取り組んでいます。

 

だからこそ、リアルの世界でも誰かに影響を与えることができれば本望です。

 

今回、先輩という身近な存在ではありますが、物語を紹介して楽しんでもらえたことも、私の活動の一環になるのだと再確認しました。

 

 

どんな形であれ、本にまつわることを他人と共有し、その楽しみを広めていく活動として、私が微力ながら力になることができるようこれからも頑張っていきたいと思います。

 

 

本棚に本が並んでいる感じがやる気を生み出してくれる

 

f:id:Tekaten:20160330000303j:plain

 

 

 
私は、買った本をすべて本棚にとっておく派なのですが、溜め込んだ本を本棚に並べておくとなんだかやる気が出てきます。
 
 
 
過去に一度、読んだ本は「残す」べきか「捨てる」べきかについてまとめたことがあるので、よろしければご一読ください。
 
本は読んだ後また読み直さないなら捨てた方が良いという人もいます。
 
確かにかさばるし、スペースも必要で、本を読まない家族なんかには煙たがられるかもしれません(笑)
 
好きなものを取っておきたい、集めていたいというのは自然に生まれてくる感情なのですが・・・
 
 
そんな読書好きの本棚ですが、ただコレクター精神でたくさん集まっていることを喜んでいるだけではありません。
 
本がたくさんある空間では、創作意欲も掻き立てられますし、何より自分が本から学んできた足跡がそこにあるのです。
 
 
ということで、今回は「自宅の本棚に本を並べ、どうしても捨てられない人達」をテーマに、本を本棚に並べておくことの効果や意味を考えていきたいと思います。
 
 
 
今回のトピックはこちら!
 
 

本を捨てるか取っておくか


本棚に並んでいるのは、読書と学びの歴史


これから長いスパンで本との付き合い方を考える


終わりに

 

 
 

本を捨てるか取っておくか

 
 
まず最初は、読み終わった本を捨てるのか、はたまた取っておくのかについて。
 
私は本を取っておくことに美学を持っていますが、そうは言ってもどんどん本が溜まることでスペースを作らなければならない難点もあります。
 
 
本を捨てる派の人は、もう読み直さないからとか、スペースが無くなるからという理由で捨てていくのだと思います。
 
最近では電子書籍もたくさんあるので、本はKindleでダウンロードすれば幅はとらず、さらには本も捨てずにとっておける利点があります。
 
しかしそれでも私は、紙の本を極力読み、読んだ本は必ず本棚にしまってとっておくようにしています。
 
理由はいくつかありますが、やはり「自分の読書録を見える化する」というのが一番の理由です。
 
 
今までにどんな本を読んだのか。
 
いま頭の中ですぐに思い出せる人はいないはずです。
 
本棚にしまってあれば、背表紙を眺めているだけで読書録が思い出せますし、そこからインスピレーションを得ることもできる。
 
背表紙をみたことで、よし、また読み直そう!と手に取ることもよくあります。
 
一度自分が学んだ本を残しておくことで、スペースはとられますが新しい学びに繋がることもあるのです。
 
 
 
 
 

本棚に並んでいるのは、読書と学びの歴史

 
 
 
 
前述のとおり、本棚に並んでいる本は、これまで自分が学んできたことや読んできた本の歴史になっています。
 
実はこれ、非常に大切なことです。
 
 
学生の頃にやってきた勉強も、テストで良い点をとるだけの一夜漬けであれば、テストが終わったその瞬間にすべて忘れてしまう勢いがありますよね。
 
勉強というのは、日々の積み重ねと復習によって、脳に大切な記憶だと植え付けることができます。
 
脳は繰り返し与えられた情報に対して、覚えなければいけないと判断し、長期記憶に落とし込む性質があるのです。
 
つまり、背表紙を眺めて本の内容を思い出したり、また読み返してみたりすることは、一度読んだ本を復習していることにもつながり、
 
読書からより深い学びを得ることに繋がっています。
 
そこでもう一度興味を持ち、ページを開いてみることができれば、その学びはより強固なものになっていくでしょう。
 
読んだ本を読みっぱなしにしないためにも、本棚にしまっておくことは効果があるのです。
 
 
 
 
 

これから長いスパンで本との付き合い方を考える

 
 
 
読書習慣が身についている人は、これから先もずっと新しい本と出会い、本を読み続けていくと思います。
 
一人の時間を有意義に使える趣味なので、辞めるきっかけもないし、続ければ続けるほどはまってしまう。
 
だからこそ、本は溜まり続けることになるので、本との付き合い方を考えなければなりません。
 
私も今ではすべての本をとっていますが、これから読む本すべてを残していくのは正直難しいかもしれません。
 
折を見て棚卸しし、一度でも読み返した本のみとっておき、あとは電子書籍として残しておくのも考え方のひとつですね。
 
長いスパンで考えると、やはり蔵書の量とはうまく付き合っていかなければならないのでしょう。
 
私としては、いけるところまで本を残し続けていくつもりです。
 
 
 
 
 
 

終わりに

 
 
読書離れが騒がれる昨今ですが、数少なくなっていく読書家の中にはまだまだヘビーな読書好きがたくさんいます。
 
私もその一人なのですが、後世にも同じように読書家が育っていくように計らう必要があります。
 
読書はひとつの文化です。
 
電子書籍の誕生によって、その文化の形は変わっていきますが、それでも古き読書習慣を残していくためになにができるのか。
 
私はこうしたブログの活動も、その一貫を担っていると思っています。