読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てかてんの書斎

書斎は「学んだり、考えたり、静かに読書したりする場所」だと思います。ここでは、自分の書斎かのように「学んだり、考えたり、書籍について考察したり」する場所です。明日をもっと素敵な一日にするための、考え方・習慣・仕組みについてもお話していきます。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

起業家に学ぶ、変化を作る難しさ「社会を変えるを仕事にする」

 

「社会を変える」を仕事にする: 社会起業家という生き方 (ちくま文庫)

 

 

「社会を変える」を仕事にする:社会起業家という生き方

 

駒崎 弘樹 著

 

 

元ITベンチャー経営者が、東京の下町で始めた「病児保育サービス」が全国に拡大。「自分たちの街を変える」それが「世の中を変える」ことにつながった。汗と涙と笑いにあふれた、感動の社会変革リアル・ストーリー。

 

Amazonの商品紹介ページより引用)

 

社会起業家として、東京でスタートさせた「病児保育サービス」をどのようにして作り上げ、世の中へと広げていったのかをまとめたビジネス本。

 

社会を、そして世の中を変えていくことの難しさを非常にわかりやすくまとめられていて、「起業」にはものすごいエネルギーが必要なんだなと再認識しました。

 

起業は、取り組むビジネスや規模によっても成功ノウハウが異なるものだと思いますし、たとえその人が成功できたからといって再現性があるものでもないと思っています。

 

そこで、「社会を変えるを仕事にする」からは、「世の中に変化を作る難しさ」と「そもそも起業を行う理由について」というトピックで、本書の引用文を加えながら考えていきます。

 

 

今回のトピックはこちら!

 

 

 

世の中に変化を作る難しさ

 

そもそも起業を行う理由ってなんだろう?

 

溺れる赤ん坊のメタファー

 

終わりに

 

 

 

 

世の中に変化を作る難しさ

 

世の中に変化を作るというと、ものすごく大きなことをしているように感じます。

私としては、全く想像できないほどの大きさなので、いまいちイメージがつきません。

 

 

そこで、小さなこと、例えば会社でちょっとしたルールを変えることを考えてみましょう。

 

職場がなかなか片付かないことに気がつき、昼休み明けの5分間は、社員全員が掃除をするようにルールを変えれば、積み重ねで職場が綺麗になるのではないか。

 

もちろん、絶対に職場が綺麗になることは間違いありません。

 

でも、このルールを会社の新しいルールとして他の社員に浸透させるのは、並大抵の努力では達成できません。

 

このように考えると、会社内だけでなく「社会や世の中」を変えていく力は、もっと莫大な力が必要になることは言うまでもありません。

 

 

そもそも、人間とは「変化を嫌う生き物」であるとも言えます。

 

今までこういうルールだったのに、なんで変えなきゃいけないの?

 

こんなことを言う人が、たっくさん出てくるはずですよね。

同じ職場や会社の中でも反発だらけなのですから、いきなり社会起業家が現れて、「こんな風に変えたほうがいいですよ」なんて言われても、簡単に言うことを聞きません。

 

と言うよりは、言うことを聞く以前に、話すら聞いてもらえないでしょう。

 

 

同じ価値観の人間が集うばかりで自分たちとは違うアイデアを許容しないから、新しい動きも起こらない。

 

(「社会を変えるを仕事にする」より引用しています。)

 

 

「社会を変えるを仕事にする」では、「病児保育」の現場で社会起業に成功したお話をまとめられています。

 

保育の現場にいる人に対して、見ず知らずの社会起業家が突然現れてアドバイスされても、話すら聞く気になりません。

 

前述の引用にある通り、社会起業家は「なんで新しいアイディアを受け入れようともしてくれないんだ」と思い、現場は「なんでこんな奴の言うこと聞かなならんのか」と思うのです。

 

結果として、話は進みませんし、お互いが警戒し合うだけの関係になっちゃいます。

 

最初は、お互いを知ること、そして理解しあって信頼できる関係になることが大切なのです。

 

 

こうした信頼を得る上で、社会起業家は、

 

「考えるときは頭のなかだけで考えてはいけない。必ず手も一緒に動かすことだ」

 

(「社会を変えるを仕事にする」より引用しています。) 

 

このような考え方が必要です。

 

つまり、理論やネタばかりを情報として考えるばかりでなく、絶対に行動も行うこと。

 

行動からしか得られないものだってたくさんありますし、考えていた頃とはまた別の問題が出てきたりもするからです。

 

 

最初の例にもあげた、会社のちょっとしたルールを変える場合でも同じです。

 

考えるだけでなく、アイディアを提供するだけでなく、まずは自分自身が5分間清掃を行ってみる。

 

そしてたった5分の掃除が、繰り返していくとどんなに綺麗になるのかを実際に見せたり、昼休み明けの掃除をルールにすることで発生する問題を実際の行動で見つけてみたりする。

 

そうすれば、身近な人たちが「俺たちもやってみようか」と、次第に広がっていくきっかけになるかもしれません。

 

 

話は長くなりましたが、結局は「物事を変えていくことというのは、ものすごくエネルギーが必要だ」ということです。

 

 

 

 

 

 

そもそも起業を行う理由ってなんだろう?

 

 

話は少しそれていくのですが、そもそも起業家が「起業を行う理由ってなんだろう?」と思ったのでまとめてみます。

 

起業を行う理由としては、

 

「自分で仕事を作り出して、世の中に貢献したい」

 

という気持ちから新しい事業を作り出すものです。

 

その先に、自分で会社を運営したいとか、もっと収入を増やしたいとかが付いてくるものなのではないでしょうか。

 

「社会を変えるを仕事にする」からも言葉を借りると、

 

 

ビジネスというのは本来、手段であるはずだ。目的は、誰かが満足したり、足りないところが埋まったり、困っていることが解消されたり、そういったことではないだろうか。

 

(「社会を変えるを仕事にする」より引用しています。)

 

やっぱり、起業やその他のビジネスにとっても、まず先立つものは「何かを良くしたい」という貢献の気持ちなのではないでしょうか。

 

ここを履き違えて、 お金が欲しいから起業するという風になってしまうと、お金をより稼げる手段から考えるようになってしまい、結果的にお客様がつかなかったりするわけですよね。

 

お金を稼ごうとしていることがお客様に見透かされてしまい、ビジネスとして成功するとは難しくなります。

 

世の中のあらゆる仕事は、どんな形であれ、どこかの誰かを助けるものであるからこそ、お客様から求められるのです。

 

 

 

 

溺れる赤ん坊のメタファー

 

 

起業やビジネスなど、何か仕事を行う上で「何かを良くしたい」という心から発展していくものだとお話ししましたが、もう一つ知っておくべきことがあります。

 

それが、「溺れる赤ん坊のメタファー」と呼ばれる寓話です。

 

 

 

あなたは旅人だ。旅の途中、川に通りかかると、赤ん坊が溺れているのを発見する。

あなたは急いで川に飛び込み、必死の思いで赤ん坊を助け出し、岸に戻る。

安心してうしろを振り返ると、なんと、赤ん坊がもう一人、川で溺れている。急いでその赤ん坊も助け出すと、さらに川の向こうで赤ん坊が溺れている。そのうちあなたは、目の前で溺れている赤ん坊を助けることに忙しくなり、実は川の上流で、一人の男が赤ん坊を次々と川に投げ込んでいることには、全く気づかない。

 

(「社会を変えるを仕事にする」より引用しています。)

 

 

このお話で言いたいことは、目の前の問題をただただ解決しているだけでは、物事の本質まで見えていないのではないか?と疑うことの大切さです。

 

目の前の赤ん坊を助けることは、いますぐやるべき仕事です。

 

しかし、なぜ赤ん坊が溺れているのか?という根本的問題を解決しない限り、ずっと赤ん坊を助け続ける仕事になる。

 

もっと広い目を持ち、原因を徹底的に探していくことで「赤ん坊を放り投げている本当の問題」というところにたどり着けば、その後は赤ん坊を川の中まで助けに行かなくても、赤ん坊が溺れることはありません。

 

本当の問題は何か?本当に求められていることは何か?

 

このような真の問題を見つける力も、仕事を進める上では大変重要なスキルとなります。

 

 

前述の、会社のルールを変えるという例でも同じです。

 

毎日5分間の掃除時間をルール化することができれば、職場を綺麗にするという目的は果たすことができるかもしれません。

 

でも、みんなが毎日5分間掃除し続けなければ、綺麗な職場は維持できません。

 

本当は、出したものは必ず片付けるとか、いらないものを取っておかず、常に捨てる癖をつけるといった、根本的な問題を解決する方が理想的なのかもしれません。

 

どんな問題でも、「本当はもっと根本的な問題があるのではないか?」と疑う目を持ってみてください。

 

 

 

 

 

終わりに

 

 

社会起業家って、なかなか身近にいるものではありませんし、何をする人たちのことを表しているのか知る機会も少ないです。

 

自分とは無縁の世界の人だから、知らなくても良いという意見も多数ありそうですね。

 

でも考えてみてください。

 

世の中の新しいサービスなんかは、これまで誰かが問題だ!と注目して、より良い方法へと変化させてきているのです。

 

日頃自分たちが利用しているサービスや商品も、過去に社会起業家の誰かが問題と見て取り組んでくれたビジネスだったりします。

 

だとしたら、自分とは全く無縁、とまでは言えませんよね。

 

この本の物語を通して、「社会起業家って本当に大変そうだな・・・・」と知るだけでも、ちょっと世の中の見方が変わってきそうです。

 

 

 

 

「マネジメントの基礎理論」意味や心構えも学べる入門書

 

無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論

 

 

 

「マネジメントの基礎理論」

 

海老原 嗣生 著

 

 

会社で仕事をしていると、よく耳にするのが「マネジメント」という言葉。

 

みんな揃ってマネジメント、マネジメントって言っているけど、本当は一体どういう意味なのだろう?まずは何をすればいいんだろう?と思っている人が多いのではないでしょうか。

 

特に、班長・組長・係長・リーダーなどの中間管理職も含めた、管理職と言われる人たちがよく使っている言葉ですね。

 

自分が「マネジメントする立場」であれば言葉の意味を間違って使っていたらものすごく恥ずかしいし、やり方を間違えている可能性も考えられます。

 

そして「マネジメントされる立場」であれば、よく言葉の意味を理解してマネジメントされてあげた方が、上司と円滑に業務が進められます。

 

いずれ自分も「マネジメントする立場」になると考えて、知っておいて損はありません。

 

この記事では、マネジメントという言葉の意味から、初期段階として取り組めるマネジメントの考え方まで、「マネジメントの基礎理論」の内容からまとめていきます。

 

 

今回のトピックはこちら!

 

 

そもそもマネジメントってなんだろう?

 

マネジメントは「経験と勘」ではなく「理論」に基づいている

 

部下にやる気を持たせることがマネジメントの第一段階

 

終わりに

 

 

 

 

そもそもマネジメントってなんだろう?

 

 

 

まず最初は、そもそもマネジメントってなんだろう?ってところから考えましょう。

 

マネジメントとは、英語で「管理」を意味する「Management」をそのまま使っている言葉です。

 

マネジメントにも意味はいろいろとあるんですが、一般的に使われているのは「管理」という意味です。

 

部下を管理する、お金を管理する、業務を管理する、時間を管理する、チームを管理するなど、様々な場面でマネジメントが登場します。

 

部下を持たない平社員でも、自分自身の業務をマネジメントしたり、時間感覚をマネジメントしたりと、いろんなマネジメントを日々行っていることになります。

 

ただ、本や仕事の中で使われる「マネジメント」は、だいたい「部下を管理することやチーム単位を管理すること」に対して使われます。

 

マネジメント業務、マネジメント能力なんか呼ぶ場合には、部下を管理する業務や部下を導く能力のことを指しているわけですね。

 

 

つまり、「マネジメント」というのは、部下や組織を管理し、導いていくこと・まとめることを意味しているのです。

 

 

 

 

マネジメントは「経験と勘」ではなく「理論」に基づいている

 

 

 

マネジメントというと、その人の感覚や人付き合い、性格などに依存すると思われがちですが、Amazonの「マネジメントの基礎理論」紹介ページによると、

 

 

「経験と勘と口伝」で積み上げられたものと思われがちなマネジメントには、実は学問的な裏付けがある!

マネジメント理論の巨匠18人を選び、彼らの提唱した理論からクイズ形式で効率的に根幹を学べる一冊。
後輩ができたらぜひ、課長を目指すなら絶対おさえておきたいマネジメントの基礎理論。

 

Amazon商品紹介ページより引用)

 

 

と記載されています。

 

仕事は先輩の仕事をよく見て学べ。あとは経験しながら身に付けろ。

 

という昔ながらの考えでは、一人前に育つまでにどれだけ時間がかかるかわかりませんよね。

 

Amazonの商品紹介にもあるように、「経験と勘と口伝」ではなく、「学問的に理解して取り組む」ことで、ちゃんとみんながマネジメントできるようになるのだと思います。

 

そもそもマネジメントがどういうものなのか理解していなければ、やっぱり経験とか勘に頼ったマネジメントになってしまいます。

 

ですから次に、マネジメントを簡単に捉える方法をまとめます。

 

 

 

 

 

部下にやる気を持たせることがマネジメントの第一段階

 

 

マネジメントとは、「部下を管理すること」と先ほど説明したのですが、もっと簡単に一言で表現するなら「部下にやる気を持たせること」だと言えます。

 

部下にやる気を持たせると言っても、いろんなタイプの人間がいるので、一筋縄ではいきません。

 

しかし、まずは「部下にやる気を持たせること」がマネジメントの第一歩だとわかっておくことが重要です。

 

 

 

上司は部下のやる気を大切にしなければならない。

部下には能力にぴったりのものではなく、少し難しめの仕事を与えるべきだ。

部下とは会社の仕事の話だけでなく、時にはプライベートの話もしたほうが良い。

 

(「マネジメントの基礎理論」より引用しています。)

 

部下に媚を売ってもいけませんし、部下を放っておいてもいけません。

 

適した距離感で、その部下にあった仕事の配分を考えたり、よりやる気を引き出せるように働きかける必要があります。

 

時には、仕事だけでなくプライベートの話なんかで、お互いを理解することも必要でしょう。

 

「やる気」とは、とてもコントロールが難しいものなのです。

 

 そしてこの部下のやる気のことを「内発的動機」というそうです。

 

さらに、

 

内発的動機とは「やる気」のことです。

 

マネジメントの基本がここにあるといってもいいでしょう。

 

(「マネジメントの基礎理論」より引用しています。)

 

 

「マネジメントの基礎理論」で描かれている「内発的動機」、つまりやる気を持たせることがマネジメントの基本であるということ。

 

そして、マネジメントの基本であり、最も重要なことなのです。

 

この部下のやる気を持たせることが、全然できていないのが現実です。

 

基本でありながら、最も重要かつ「最も難しいこと」なのだと言えるでしょう。

 

 

上司側が「マネジメントできているつもり」「しっかりマネジメントやっている」と思っていても、部下が全く「やる気になっていない」としたら、そのマネジメントはうまくいっていません。

 

マネジメントは、部下がやる気を持ち、しっかりと組織の向くべき方向へ導いてあげる手法なのです。

 

その部下がやる気を持てておらず、何も導かれていないのであれば、独りよがりのマネジメントであって、「マネジメントしているつもり」に過ぎません。

 

組織にとって最適であるように、元からやる気を持って取り組むタイプには、少し難しめの仕事を与えてさらにやる気を引き出してやる。

 

あまりやる気を持てないタイプは、できるだけその人がやっている仕事の意味だったり、責任を理解させてあげたりすることで、自分の役割を認識させてやる気を引き出します。

 

こんな感じで、その人にあったやる気の引き出し方を試してみて、組織全体を導くことが重要なのですね。

 

 

社員の内発的動機を高めると、社員は自ら頑張るようになり、長時間労働もいとわず、そのうえ辞めません。

 

(「マネジメントの基礎理論」より引用しています。)

  

 

このレベルまでマネジメントができていれば、組織は自然と成長していくレベルにまで来ています。

 

なかなかこんなレベルのやる気を複数の社員に持たせることは難しいですが、マネジメントを進めていくとより生産的な組織になっていくことがわかります。

 

 

 

 

終わりに

 

 

マネジメント能力は、いずれすべての人に求められる能力となります。

 

課長や部長といった管理職だけに必要な能力ではないのです。

 

後輩に仕事を与える時にも小さなマネジメントが必要ですし、自分がプロジェクトリーダーなんかをやるのだとしたら、そのプロジェクトメンバーに仕事を割り振ったりプロジェクトそのものをうまく進めるためにマネジメントが必要になります。

 

また、自分自身が成長していった先に、管理職が待っているかもしれません。

 

自分が管理職になってから慌ててマネジメントを意識し始めても遅いので、今からマネジメントを学びながら、意識しながら仕事をしていきたいものです。

 

 

この「マネジメントの基礎理論」は、小難しいことが少なめで、本当に基礎から学べる内容となっていました。

 

そもそもマネジメントって?って人から、今まさにマネジメントで困っている人まで、一読の価値ありの本だと思います。

 

 

 

 

「危機感」を使って本気で取り組めば、成功に繋がる

 

f:id:Tekaten:20160916071603j:plain

 
 
最近、どうにもやる気が出ない時に「自己啓発本」を読んでいたりするのですが、
 
特に、経営者が書かれた実体験をよく読んでいます。
 
そこで、思わされたことがありました。
 
 
「危機感」がなければ、物事に本気で取り組めない。
つまり、「危機感」がなければ、周囲を飛び越えて成功することはできない。
 
 
ということ。
 
心の中では、至極当たり前のことだと思ってしまいがちです。
 
しかし、この言葉を常に頭の中でイメージして、自分にプレッシャーをかけなければ、なかなか危機感は生まれません。
 
今の仕事や生活が、安定していれば安定しているほど、そのぬるま湯に落ち込んでいることに気がつかないものなんだなーって、直感的に思いました。
 
 
副業で結果を出し、お金を稼ぎたいと思っている人も、今の仕事に安心していると危機感が出てきません。
 
趣味で結果を出し、ちょっと有名になりたい人も、会社での地位や人望に満足していると、危機感がでません。
 
 
お金を稼ぎたいなら、いまの収入が無くなったくらいのイメージでプレッシャーをかけると本気になれます。
 
趣味で活躍したいなら、仕事が無くなってその趣味で生きていくしかないとイメージすると、危機感が生まれます。
 
 
こんな感じで、自分にプレッシャーを与えて危機感のエンジンを爆発させれば、何かで結果を出していける原動力となるのです。
 
ということで、冒頭でだいぶお話してしまいましたが、危機感と結果を出すというテーマで、私生活の例を出しながらもう少しまとめたいと思います。
 
 
 
今回のトピックはこちら!
 
危機感と結果の例
危機感が与える当事者意識
今のやり方を常に見直す姿勢が必要
終わりに
 
 
 
 

危機感と結果の例

 
 
 
危機感を持つと、行動に責任感が生まれて、結果を生み出すエネルギーになります。
 
それをうまく説明するために、日常の例を挙げていきたいと思います。
 
 
例えば、小学生の夏休みの宿題。
 
皆さんも覚えがあると思いますが、夏休みの宿題って7月の終わりになって初めて慌てます。
 
長い夏休みをうまく活用できず、最後の最後で慌てることになるのですね。
 
最後の最後で、いよいよ宿題終わらせないと学校が始まってしまう!という危機感によって、子供たちは泣く泣く宿題に挑みます。
 
そうして危機感を持って取り組むと、毎日コツコツ数ページずつ1ヶ月間取り組んで終わらせる宿題でも、あっという間に数日で終わらせることができます。
 
実は、子供の頃から実体験として危機感の効果を実感していた、というわけです。
 
 
またもう一つ。
 
副業で稼ぐぞ!という人がいた場合の例。
 
会社勤めで給与をもらいながら副業にチャレンジしているときは、ちょっとでもお金がもらえれば、程度にしか考えていないと思います。
 
しかしそのモチベーションでは、なかなか結果に結びつかず、稼げないならやめてしまおう、なんてことにもなっちゃいます。
 
もしも会社が潰れて、無収入になってしまったら、きっと必死で毎日取り組んで、生活費をなんとかするために頑張ろう!となるはず。
 
生活が脅かされるほどの危機感であれば、きっと結果を出すためにいろいろ考えて行動するはずです。
 
 
このように、日常の例を持ってしても、危機感が結果に与える影響は非常に大きいことがわかりますね。
 
 
 
 
 

危機感が与える当事者意識

 
 
 
では、なぜ危機感が結果に結びつくエネルギーとなるのかについて考えていきましょう。
 
何か物事に危機感を覚えると、自分自身で何とかしなければならないという「当事者意識」につながります。
 
勉強でも仕事でも同じことが言えるわけで、学校の先生に言われたからとか上司に指示されたからと「受け身」体制では真剣に取り組むことができません。
 
つまり、この勉強は自分のためだ、とか、この仕事は自分に任された大切な業務だと思えることができれば、真剣に結果を出そうと努力していくことができるわけです。
 
 
学校の授業で、ただなんとなく聞いていて、ノートに黒板の内容を写して、時間が経つのを待っているだけだとつまらないですよね。
 
つまらないだけでなく、何にも頭に残らないんです。
 
だったら、この授業ではこれを覚えよう!とか、わからないところは授業を止めてでも質問して、授業内容を今覚えてしまおう!というやり方をすれば、無駄な授業にはなりません。
 
これが、「当事者意識を持って取り組んだかどうか」ということになるわけですね。
 
世の中、自分がどうにもやる気にならないことや、やりたくないことってたくさんあると思います。
 
でも、そのままダラダラ時間だけを使っていたら、自分自身のためになりませんから、つまらない時こそ「なんとか理由を見つける」意識で取り組めるようになると無駄がありません。
 
 
 
危機感は、こうした当事者意識を植え付ける仕組みとしても活用できるので、自分に危機感を与えて結果を出すという手段は利用価値 大です。
 
 
 
 
 
 

今のやり方を常に見直す姿勢が必要

 

 

 

最後は、少し話を変えて「やり方を見直す」という話をしていきます。

 

例えば、何か目標があって勉強をしているとしますね。

 

その中で、なかなか結果が出ないのであれば、前述した「危機感」と「当事者意識」を使って行動そのものを見直すことも重要です。

 

さらに言えば、今やっている勉強方法ってどうなんだろ?と、今のやり方を見直すことも必要です。

 

今取り組んでいるやり方は、あなたの人生の中では最も優れた方法なのだと思いますが、やり方自体はさらに良い方法がきっとあります。

 

自分にあったやり方をアレンジしたり、他に参考になりそうなインターネットの情報や本の内容を参考にしたりしながら、常にやり方を見直しましょう。

 

 

勉強だけでなく、仕事も趣味も何もかも、常にやり方を見直して、それこそアップデートする。

 

せっかく時間をかけて結果を出そうと行動するわけですから、やり方は常に良いものへと見直していきましょう。

 

 

 
 
 

終わりに

 

 

記事を書いていて、それこそ自分のやり方も見直さないといけないなと再認識しました。

 

私が取り組んでいる仕事もそうですし、年に100冊読んでいる読書のやり方も、こうしたブログ記事の書きかたなんかも、日頃から見直す癖をつけたいですね。

 

 

やっぱり、人間は変化を嫌う生き物なので、自分がこれまで慣れ親しんできたやり方を変えることには抵抗があります。

 

そもそもやり方を変えようとか、見直そうという気持ちにすらならなかったりしますよね。

 

そこで、「やり方を見直すことがこれからの結果にも影響する」ということを念頭に置いていてもらえれば、今結果が出なくて苦労していることも改善していくことができるのではないでしょうか。