follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

【書評】「ガリレオの苦悩」(東野圭吾)内海薫の登場で面白さが増すガリレオ

「ガリレオの苦悩」 東野 圭吾 著 読了。 ガリレオシリーズ第4弾。 今回は5つの短編が収録された短編集となっており、1つの作品ごとに事件の発生〜解決までが描かれています。 まさに、テンポよくミステリーの世界を楽しみたい方にオススメできる一冊です…

「たった一言」があるか無いかで結果は変わる

「たった一言があるか無いかで結果は変わる」 今回のテーマはスバリこちらです。 ほんの些細なことですが、「たった一言」が結果を大きく変えることは多々あります。 この記事では、「たった一言」が結果を変えるケースをいくつか例を出してご紹介し、ちょっ…

【書評】「さよなら、そしてこんにちは」(荻原浩)現実的でどこか共感できる7つの短編

「さよなら、そしてこんにちは」 荻原 浩 著 読了。 7つの短編が収録された短編集。 収録された作品のどれもが、現実的でありえそうな作品で、自然と溶けこめる世界観。 現実的だからこそ、主人公たちの考えに共感できるし、自然と顔がほころぶような面白さ…

【自分ルール】本屋に行ったら必ず一冊買おう

どうも、てかてんです。 たくさんの本を読む毎日の中で、読書や本、書店や作家さんなどに対する思いや考え方も変わりつつあります。 それは、本について深く知ってきたことや、本に対する愛着などが高まってきたからこそ。 電子書籍が登場しても、やっぱり紙…

【書評】「チュベローズで待ってる AGE32」(加藤シゲアキ)ゲームの主人公は僕ではなかった

チュベローズで待ってる AGE 32 加藤 シゲアキ 著 読了。 「チュベローズで待ってる」のシリーズ第2弾。 物語は10年後になっていて、キャラクター達を取り巻く環境も大きく変わっています。 前作から続く光太の思いや境遇、そして華やかな世界で活躍する裏で…

働き方改革!ホームヘルパーや家事代行の充実が働き方を変える

働き方は、時代と共に変わっていきます。 一昔前は終身雇用が当たり前でしたが、今では転職やリストラ、セミリタイヤなど、一つの仕事を定年まで続けることが「当たり前ではなくなった」ように思えます。 これから先は、今現在では考えられないような働き方…

「分かる」と「できる」の違い。「できる」ようになろう!

「分かる」と「できる」の違いについてふと考えてみたのですが、 あることについて、ただ分かるだけの状態と、それが実際にできる状態って全然違うんですよね。 分かるようになっただけで満足してしまいがちですが、分かることに満足して実際に体験してみな…

【書評】「容疑者Xの献身」(東野圭吾)天才と天才の戦い

「容疑者Xの献身」 東野 圭吾 著 読了。 ガリレオシリーズ第3弾は、映画にもなった「容疑者Xの献身」です。 シリーズの中で一番この作品が好き!って人も多くいて、最高傑作の呼び声も高い。 天才湯川が苦悩するというシーンは、シリーズ内でも珍しく、湯川…

もっと幼い頃から「文学少年」になっていたらよかったのになーと思った話

どうも、てかてんです。 近頃よく思うのですが、 本を読み始めたのが20歳くらいのことだけど、もっと早くから本を読むことが趣味になっていたらなー なんてことを考えます。 本当に個人的なことですみません(笑) でもきっと、幼い頃から文学に興味を持ち…

夢を切り抜いて、手帳と共に持ち歩こう!

手帳を活用している人は、手帳にどんなことを書いているのか。 様々なことをなんでも好きに書くのが手帳の醍醐味ですが、手帳に「夢や目標」を書いている人は多いと思います。 てかてんも、手帳に「夢や目標」を書いていますが、手帳に書くという行為によっ…

【書評】「チュベローズで待ってる AGE22」(加藤シゲアキ)物語の展開と落差に驚かされました

チュベローズで待ってる 加藤 シゲアキ 著 読了。 ジャニーズのNEWS所属でありながら、小説家でもある加藤シゲアキさんが書いた最新作。 「ピンクとグレー」でデビューを果たし、それからいくつかの作品を発表しています。 芸能活動を前線でやりながら、作家…

【書評】「予知夢」(東野圭吾)奇怪な事件に挑む天才学者とエリート刑事

「予知夢」 東野 圭吾 著 読了。 ガリレオシリーズ第2弾は、「予知夢」という短編集です。 第1作目の「探偵ガリレオ」と同じく、帝都大学助教授の湯川と警視庁捜査一課の草薙刑事がともに怪事件の真相へと進んで行く物語。 2作品目となり、メインのこの2…

色々な人に会って話をすると、視野も意識も広がる

年末年始は、友人の帰省や親族の集まり、組織の忘年会などで色々な人と話す機会があります。 そんな時、普段話さないことを話せたり、あまり会えていない人の近況を聞くと、自分の視野が広がったり意識が高まったりします。 今年は特に色々な人に会って、た…

1キロ痩せるには7000kcalの消費が必要!

ダイエットをしたいと思い始めて早数年が経ちます。 皆さんも、「今日からダイエットするよー!」って言ったものの、なかなかダイエットに成功しない日々を過ごしているのでは? 闇雲に運動したり食事制限をしたりしても、なかなかうまくいかないのがダイエ…

【感謝】はてなブログ読者数増加ランキング(2017年12月)に載っていました!

ブログを書き始めて3年になりますが、この2ヶ月あまりは気合いを入れてブログ運営をしてきました。 これまでもブログはしっかりやってきていたつもりでしたが、数ヶ月休載したり、あまり読者さんや他のブロガーさん、Twitterのフォロワーさんなんかと交流…

【書評】「探偵ガリレオ」(東野圭吾)天才物理学者が謎を解くガリレオシリーズの第1弾

探偵ガリレオ 東野 圭吾 著 読了。 テレビドラマにも映画にもなった、探偵ガリレオシリーズの第1弾。 ずっと読みたかったけれど、なかなか手を出さずにいたシリーズでした。 いざ読み始めてみるとどんどん物語が先に進んでいって、今度は書評記事を書くこと…

【書評】「書くことが思いつかない人のための文章教室」(近藤勝重)

「書くことが思いつかない人のための文章教室」 近藤 勝重 著 読了。 2018年、最初の1冊は「書くことが思いつかない人のための文章教室」です。 ブログを書いたり、電子書籍を書いたりする日々の中で、やっぱり自分なりの書き方だけでは文章は上達しな…

2018年の目標設定!

2018年になりましたね。 新年、あけましておめでとうございます。 今年も、てかてんと「てかてんの書斎」をどうぞよろしくお願いします。 さて、年始といえばやっぱり「今年の抱負」についてだと思いまして、この記事でも2018年の目標設定について書…

2017年の振り返り!「目標の結果」と「ブログ運営」について

ついに2017年も最終日。 今年はいろいろありましたし、いろいろなことにチャレンジしました。 自分にとって変化の年だったなーと振り返ります。 もちろん、2018年はもっともっと飛躍する年にしたいと思っています。 ということで今回は、2017年を振り返る記…

今年も100冊読みました!2017年12月の読書まとめ

いよいよ2017年も終わりを迎えつつあり、2018年度に向けての抱負を考えている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? てかてんもまさに来年に向けての記事を書いたり目標を考えたりしているところですが、その前に2017年を振り返ってお…

【アンケート結果】読書好きの「並行読みの冊数」はどれくらい?

先日、Twitterでアンケートを実施させていただきました。 そのアンケート内容は、 「読書好きの並行読みの冊数」についてです。 並行読みとは、同時期に複数冊の本を読むことを言います。 つまり、同時進行で読んでいる本が何冊あるの?というアンケートだっ…

【書評】「見た目を磨く人は、うまくいく。」(中谷彰宏)見た目を変えることが習慣を変える

「見た目を磨く人は、うまくいく。」 中谷 彰宏 著 読了。 見た目にこだわる習慣が徹底的に身についている中谷先生が、見た目についてどんな風に語るのか。 ついつい気になって手に取った1冊です。 普段の生活ではついついないがしろにしてしまう「見た目」…

いつもよりちょっと大きく・明るく挨拶すれば1日が変わる

毎日、朝誰かとすれ違うときや誰かと会ったときには挨拶をしますよね。 おはようございます。 この言葉には、言葉以上の力があります。 朝から元気に挨拶すれば、とても良い気分になります。 綺麗事ではなくて、本当に清々しい気分になれるんです。 そして、…

【12冊】「王様ゲーム」シリーズの書評まとめ!

どうも、てかてんです。 王様ゲームシリーズをすべて読破し、書評記事もアップし終えたので、まとめ記事を書きます! 全12作品もありましたが、1ヶ月くらいでサーっと読めちゃいました。 というのも、王様ゲームはどの作品もスピード感があって読みやすく…

【書評】「君たちはどう生きるか」人生において考え直しておきたいことを学んだ一冊

「君たちはどう生きるか」 原作: 吉野 源三郎 漫画: 羽賀 翔一 読了。 80年というときを経て、名作「君たちはどう生きるか」が漫画として現代に再登場しました。 不朽の名作が漫画となり、今の私たちにも重要なことを伝えてくれる一冊となっているのです…

【仕事論】この人と一緒に仕事がしたいと思われる人=仕事ができる人

どうも、てかてんです。 今回は、仕事ができる人ってどういう人のことだろう?とふと思ったので、ちょっと考えたことをまとめてみることにしました。 いろいろと考えていく中で、仕事ができる人のひとつの定義が思いつきました。 それは、 「この人と一緒に…

【書評】「作家の収支」(森博嗣)とっても気になる作家の収入面がわかる1冊

「作家の収支」 森 博嗣 著 読了。 今回のトピックはこちら! 作家「森博嗣さん」ってどんな人? 作家に収入が入る仕組み 印税率と発行部数から見える作家の収入 作家になりたい人へ「森博嗣さん」からのメッセージ これからの出版業界について 終わりに

【ショートスリープ】やりたいことが増えてきて、睡眠時間が自然と短くなった話

どうも、てかてんです。 今回は、ちょっと最近の自分のことについて思うところがあったので、記事にまとめてみることにしました。 今回まとめるテーマは、 「やりたいことが増えてきて、ショートスリープが加速した話」 です。 最近は、やりたいことが多すぎ…

【アンケート結果】読書好きの「積ん読の冊数」はどれくらい?

どうも、てかてんです。 今回は、 「せっかくTwitterで読書好きの皆さんとお話ししているんだから、ちょっとしたリサーチをやってみたいな」 と思いまして、「積ん読の冊数」についてアンケート調査を実施しました。 ご協力いただいた皆様、本当にありがとう…

【書評】「王様ゲーム 深淵8.08」(金沢伸明)日本・韓国・台湾の学生に潜む王様

「王様ゲーム 深淵8.08」 金沢 伸明 著 読了。 王様ゲームシリーズ12作目。 ついにここまで読みきりましたー。 1ヶ月ほど前に王様ゲームを手にとって、最初の巻を読み終えたのが11月18日でしたから、まさに1ヶ月ちょうどといったところですね。 シリーズ…