読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てかてんの書斎

書斎は「学んだり、考えたり、静かに読書したりする場所」だと思います。ここでは、自分の書斎かのように「学んだり、考えたり、書籍について考察したり」する場所です。明日をもっと素敵な一日にするための、考え方・習慣・仕組みについてもお話していきます。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

子供頃から本を読んでいればよかったなーと思った話

私は20歳の頃からどっぷり読書をするようになってきたのですが、 今では毎年「年間100冊ペース」で本を読むようになっています。 そして、日々自分の勉強になりそうな本や、面白そうだなと思える小説を興味の赴くままに読んでいるので、知恵やノウハウ…

読書にも波があるなと感じる

毎日読書をしていると、 ビジネス本を読む気分、小説を読む気分、文庫で読む気分、大判で読む気分、はたまた電子書籍で読む気分。 いろいろな「気分」があるなあと感じます。 基本的に読書熱は冷めない方なのですが、一度ビジネス本にはまると10冊とか20冊と…

本とか映画に関してはお前に聞けば間違いないと言われてうれしかった話

先日の話。 普段あまり映画を見たり小説を読んだり、いわゆる物語を楽しむ習慣がないという先輩から、 「本とか映画に関してはお前に聞けば間違いないな」 と言ってもらえる機会がありました。 その先輩は、勉強してます!とか本読んでます!と言った真面目…

読書を始めたきっかけは? 20歳で読書を始め、「人生かけて取り組むテーマ」に変わっていった読書歴を振り返る

こんにちは、てかてんです。 ここ最近、読書に関する記事を書き込んでいる中で、 「 読書を始めた時と今では、読書に向き合う姿勢と考え方が全く違うなー」 と感じていました。 20歳のときに読書を始めて、いまでは「人生かけて取り組むテーマ」とまで進化し…

「本を買うペース」>「本を読むペース」になってしまい、どんどん本が溜まってしまう

読書を好きになって、のめり込むほどに大きくなる悩みがあります。 「欲しい本を欲しいだけ買っていると、読むペースが追い付かず、未読本だらけになっている」 こんな悩み、読書好きの方にはきっとあると思います。 できる限り、本を読む時間をたくさん作っ…

就職活動の面接で気をつけたい「10のポイント」

就職活動をしている中で、ポイントになってくるのが、 ・ エントリーシート( 履歴書 ) ・ グループディスカッション ・ 面接 の3つですが、グループディスカッションも面接も、人に自分の意思を伝えるという面では同じようなトレーニングや下準備が必要にな…

これまで4年間読書をしてきて、「読書で変わったこと」を振り返って考えた

私は学生の頃に読書をスタートし、かれこれ5年目に突入しました。これまでに数多くのビジネス本や自己啓発本、小説、エッセイ、パソコン関係の実用書、資格試験のテキストなどを読んできましたが、こうした読書から何を得て、自分がどのように変わってきたの…

旅先で「御当地のキャラ」ならぬ「御当地しおり」を集めています

私は、サラリーマンの傍で、休日にはよく旅行に出かけます。 九州に住んでいるので、近所の温泉地の大分県や少し足を伸ばして広島、関西がとても好きなので京都や大阪まで、車で出かけます。 最近では海外にも出かけるようになり、旅行の楽しさがより一層増…