てかてんの書斎

書斎は「学んだり、考えたり、静かに読書したりする場所」だと思います。ここでは、自分の書斎かのように「学んだり、考えたり、書籍について考察したり」する場所です。明日をもっと素敵な一日にするための、考え方・習慣・仕組みについてもお話していきます。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

勉強法

自分で勉強しなければ、会社で成功することはできない

当たり前ではあるのですが、会社で何かを成し遂げたり、成功した人財になろうとするならば、自分で進んで勉強していくしかありません。 勉強は一生続けなければ結果を出し続けることはできませんし、会社では何かを教えてもらうには限度があります。 最近で…

天才子役「鈴木福くん」が大量の台本を覚えるために実践している勉強法

子供でありながら、テレビドラマや映画、声優などで活躍している「子役」の皆さんは、どうやって大量な台本を覚えているのだろう? ふと、そんな疑問が頭にありました。 大人の私達であっても、台本を覚えることは至難の技だと思います。 ようは、教科書を覚…

勉強に関する9つの過去記事まとめ

てかてんの書斎では、本の書評や本から学んだ知識やノウハウ、読書に関する記事をたくさん書かせていただいています。 日々、色々なことに注目して記事を書いていますが、「過去に書いた記事をまとめる」というまとめ記事を書いてみようと思いました。 ある…

勉強法に関するおすすめ本をまとめてみました

勉強に関する連載最終回(第6弾)は、私がこれまでに読んできた「勉強に関する本」の中から、厳選してオススメのものをまとめた記事にしようと思います。 その本の中には、この連載に書いてきたこともいくつか登場するかもしれませんが、それは私がその本か…

結果を出す為の、おすすめ勉強法をまとめてみました

勉強に関する連載第5弾は、「結果を出す為の、おすすめ勉強法をまとめてみました」というタイトルで、てかてんがこれまで実践して結果につながってきた勉強法とオススメ勉強法のまとめ記事を書きたいと思います。 複数の勉強法をまとめていきますが、全ての…

自分のブランドを確立したければ、勉強するしかない

「勉強に関する連載」第4弾は「自分のブランドを確立したければ、勉強するしかない」というテーマでまとめていきます。 これまでの連載記事はこちらから。 第一弾 勉強について連載してみようと思います tekaten.hatenablog.jp 第二弾 「学生の勉強は人生の…

社会人になってから、どんなことを学べば良い?

勉強に関する連載の第三弾は、「社会人になってから、どんなことを学べば良い?」というところをテーマにまとめていこうと思います。 連載記事は以下に一覧としてリンクを載せます。 第一弾 「勉強」について連載してみようと思います tekaten.hatenablog.jp…

学生の勉強は人生の基盤になる重要な勉強である

それでは、「勉強」に関する連載の第二弾、「学生の勉強は人生の基盤になる重要な勉強である」というテーマでまとめていきます。 これまでの勉強に関する連載記事は以下。 第一弾 「勉強」について連載してみようと思います tekaten.hatenablog.jp さて、「…

「勉強」について連載してみようと思います

人生は一生かけて勉強し続けるもの そんな風に思いますが、皆さんはどうお考えでしょうか? 学生の時は試験でいい成績をとるために、より良い学校に進学するために勉強します。 就職先を決めるにしても、まずは勉強の成績が問われることになりますよね。 ま…

働き始めるまでに身につけたい勉強の習慣

人生は一生をかけて勉強し続けるものだ。 これは一度は耳にしたことがある言葉だと思います。 親、学校の先生、上司など、子供の頃から年上の方に繰り返し言われる言葉ですね。言われた本人は、「そんなもんなんかな?」と思うこともありますが、経験した先…

当事者意識を持つと、途端に勉強が身につくようになる

勉強しても勉強しても全く頭に入らなかったり、身につかなかったりすることがあると思います。 なんとなく勉強していたり、勉強に対して目標がなかったり、いつまでに何を身に付けたいか決まってなかったりすると、身につきにくくなってしまいます。 要は、…

ノウハウは集めるものではなく、実践して習慣に落とし込むもの

読書家の中では、様々なノウハウを学ぶだけで行動に移せていない「ノウハウコレクター」のような人もいます。 ノウハウコレクターとは、その名の通り、 「ノウハウを集めることばかりに集中してしまい、行動して自分のものに出来ていない人達」 のことを表す…

忙しい毎日の中でも、勉強を続けていく為に気を付けている3つのこと

私は、どんなに忙しい毎日の中でも、必ず勉強する時間を確保するようにしています。 勉強は、積み重ねていくことで必ず成果が現れるものであるし、これから生きていく中で、「成長、結果、幸せ」に結びつくと信じているからです。 幼い頃からのこれまでの経…

【朝型勉強法】 早朝に勉強した方が、勉強効率や作業効率は上がる

勉強をしたいけど時間が無い!とか、勉強をしているけど、もっと時間が欲しいということもよくあると思います。 勉強をする意思があっても、なかなか予想通りに時間を確保できなかったり、夜に勉強しようとして疲れや眠気に勝てなかったり、土日に勉強しよう…

勉強をコツコツ継続する秘訣! 「目標を設定」し、「日々の勉強計画」を実行する

勉強とは、1日や2日で結果が出てくるようなものではなく、日々コツコツ継続していくことで「結果が徐々に現れる」ものです。 ついつい私達は、 「今日○時間も勉強したのだから、理解できているはずだ」 「毎日○時間も勉強しているのに、全然結果がでてこない…

学校教育にタブレットを導入して「完全デジタル教科書化」が実現すると、どうなるのだろう?

スマートフォンやタブレット端末の登場によって、書籍や雑誌、漫画などが電子化されるようになりました。電子化すると、紙を使わない所謂ペーパーレスになりますから、紙という大切な資源を節約し、紙にかかる費用も節約することができます。 また、電子化す…

音声学習を身に着けて、忙しい日々でも勉強できる仕組みを作る

人生は、生涯通してたくさんのことを学び続けていかなければなりません。 学生であれば、学校で学ぶ教科科目、社会人であれば、仕事に必要な情報や社会情報、ニュースなど多岐にわたる学習が求められます。部活やプライベート、アルバイト、仕事、付き合いと…

「ビリギャル」に学ぶ、勉強に必要な3つのポイント

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」という本が一躍有名になり、主人公のビリギャルのお母さんのストーリーを描いた「ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話」や、文庫判のビリギャル…

社会人になってから、何を勉強すればいいのか

社会人になると、勉強しなくて良いというわけではありません。むしろ、学生の頃以上に、勤め先の歴史や取り扱っている商品やサービス、仕事内容ややり方、その他仕事を進めていくために必要なスキルなど、勉強することは山ほどあります。しかし、仕事をして…

「ゆとり教育」はなぜ失敗してしまったのか

ゆとり教育といえば、誰でもわかる過去の教育システムのことだと思います。数学や理科といった教科の勉強時間を減らし、総合学習の時間を多めにとって、ゆとりある教育を行おうというのが本来の趣旨でした。もちろん、勉強時間の削減によって、「勉強する内…

「学校」で「勉強のやり方」を教えないのはなぜだろう?

日本では、学校教育はかなり自由な選択肢と、平等に与えられた義務教育といった面で、優れていると思います。早い子供では幼稚園から学ぶ機会が設けられ、その後義務教育7年と、高校教育が3年、大学にいけばその後4年から8年以上もの勉強期間があります。7年…

25歳までにしなければならない59のこと

【 年間120冊読書計画 25冊目】 「25歳までにしなければならない59のこと」 中谷 彰宏 著 読了。 2015年の3月27日に「965冊目」の本を出版している中谷先生。 え?965冊?! と思わず目を疑ってしまう冊数ですが、本当に出版されているのだから言葉になりま…

ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話

【 年間120冊読書計画 24冊目】 「ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話」 ああちゃん、さやか 著 読了。 ■「ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話」の背景 「学年ビリのギャルが1…

ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話

【 年間120冊読書計画 24冊目】 「ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話」 ああちゃん、さやか 著 読了。 ■「ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話」の背景 「学年ビリのギャルが1…

レバレッジ勉強法

【 年間120冊読書計画 18冊目】 「レバレッジ勉強法」 本田 直之 著 読了。 レバレッジコンサルティング代表取締役社長兼CEOの本田直之さんの代表作である「レバレッジ勉強法」。 「勉強」という優れた投資アイテムに、レバレッジ(てこの力)を加えて、少な…

何を勉強すべきか探す事が勉強

何を勉強したら良いかわからない。 何で勉強しないといけないの? 勉強したい事がありません。 周囲にヒアリングすると、このような言葉をよく聞きます。 確かに、勉強をし始めるときは、何か明確な理由や動機がないと、勉強をする意味が見出せないかもしれ…

勉強は、毎日少しずつコツコツやる事で効果を発揮する

小学生、中学生、高校生、大学生、そして社会に出てからのビジネスパーソン、家庭を維持する主婦など、その人の段階や置かれている状況によって、「やるべき勉強」は変化していきます。 決められた科目を学ぶ勉強、自分で決めた科目を深める勉強、自ら必要な…

資格試験は過去問を徹底的にやり込む

現在、キャリアアップや自分のスキルアップ、就職や進学に有利になるといった意味合いで、資格試験を受ける人が増えてきています。 資格や検定の種類もかなり増えてきて、「そんな資格があったんだ」と驚くこともしばしば。 難易度の高い資格やユニークな普…