follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

書評、読書録

【書評】「ガリレオの苦悩」(東野圭吾)内海薫の登場で面白さが増すガリレオ

「ガリレオの苦悩」 東野 圭吾 著 読了。 ガリレオシリーズ第4弾。 今回は5つの短編が収録された短編集となっており、1つの作品ごとに事件の発生〜解決までが描かれています。 まさに、テンポよくミステリーの世界を楽しみたい方にオススメできる一冊です…

【書評】「さよなら、そしてこんにちは」(荻原浩)現実的でどこか共感できる7つの短編

「さよなら、そしてこんにちは」 荻原 浩 著 読了。 7つの短編が収録された短編集。 収録された作品のどれもが、現実的でありえそうな作品で、自然と溶けこめる世界観。 現実的だからこそ、主人公たちの考えに共感できるし、自然と顔がほころぶような面白さ…

【書評】「チュベローズで待ってる AGE32」(加藤シゲアキ)ゲームの主人公は僕ではなかった

チュベローズで待ってる AGE 32 加藤 シゲアキ 著 読了。 「チュベローズで待ってる」のシリーズ第2弾。 物語は10年後になっていて、キャラクター達を取り巻く環境も大きく変わっています。 前作から続く光太の思いや境遇、そして華やかな世界で活躍する裏で…

【書評】「容疑者Xの献身」(東野圭吾)天才と天才の戦い

「容疑者Xの献身」 東野 圭吾 著 読了。 ガリレオシリーズ第3弾は、映画にもなった「容疑者Xの献身」です。 シリーズの中で一番この作品が好き!って人も多くいて、最高傑作の呼び声も高い。 天才湯川が苦悩するというシーンは、シリーズ内でも珍しく、湯川…

【書評】「チュベローズで待ってる AGE22」(加藤シゲアキ)物語の展開と落差に驚かされました

チュベローズで待ってる 加藤 シゲアキ 著 読了。 ジャニーズのNEWS所属でありながら、小説家でもある加藤シゲアキさんが書いた最新作。 「ピンクとグレー」でデビューを果たし、それからいくつかの作品を発表しています。 芸能活動を前線でやりながら、作家…

【書評】「予知夢」(東野圭吾)奇怪な事件に挑む天才学者とエリート刑事

「予知夢」 東野 圭吾 著 読了。 ガリレオシリーズ第2弾は、「予知夢」という短編集です。 第1作目の「探偵ガリレオ」と同じく、帝都大学助教授の湯川と警視庁捜査一課の草薙刑事がともに怪事件の真相へと進んで行く物語。 2作品目となり、メインのこの2…

【書評】「探偵ガリレオ」(東野圭吾)天才物理学者が謎を解くガリレオシリーズの第1弾

探偵ガリレオ 東野 圭吾 著 読了。 テレビドラマにも映画にもなった、探偵ガリレオシリーズの第1弾。 ずっと読みたかったけれど、なかなか手を出さずにいたシリーズでした。 いざ読み始めてみるとどんどん物語が先に進んでいって、今度は書評記事を書くこと…

【書評】「書くことが思いつかない人のための文章教室」(近藤勝重)

「書くことが思いつかない人のための文章教室」 近藤 勝重 著 読了。 2018年、最初の1冊は「書くことが思いつかない人のための文章教室」です。 ブログを書いたり、電子書籍を書いたりする日々の中で、やっぱり自分なりの書き方だけでは文章は上達しな…

今年も100冊読みました!2017年12月の読書まとめ

いよいよ2017年も終わりを迎えつつあり、2018年度に向けての抱負を考えている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? てかてんもまさに来年に向けての記事を書いたり目標を考えたりしているところですが、その前に2017年を振り返ってお…

【書評】「見た目を磨く人は、うまくいく。」(中谷彰宏)見た目を変えることが習慣を変える

「見た目を磨く人は、うまくいく。」 中谷 彰宏 著 読了。 見た目にこだわる習慣が徹底的に身についている中谷先生が、見た目についてどんな風に語るのか。 ついつい気になって手に取った1冊です。 普段の生活ではついついないがしろにしてしまう「見た目」…

【12冊】「王様ゲーム」シリーズの書評まとめ!

どうも、てかてんです。 王様ゲームシリーズをすべて読破し、書評記事もアップし終えたので、まとめ記事を書きます! 全12作品もありましたが、1ヶ月くらいでサーっと読めちゃいました。 というのも、王様ゲームはどの作品もスピード感があって読みやすく…

【書評】「君たちはどう生きるか」人生において考え直しておきたいことを学んだ一冊

「君たちはどう生きるか」 原作: 吉野 源三郎 漫画: 羽賀 翔一 読了。 80年というときを経て、名作「君たちはどう生きるか」が漫画として現代に再登場しました。 不朽の名作が漫画となり、今の私たちにも重要なことを伝えてくれる一冊となっているのです…

【書評】「作家の収支」(森博嗣)とっても気になる作家の収入面がわかる1冊

「作家の収支」 森 博嗣 著 読了。 今回のトピックはこちら! 作家「森博嗣さん」ってどんな人? 作家に収入が入る仕組み 印税率と発行部数から見える作家の収入 作家になりたい人へ「森博嗣さん」からのメッセージ これからの出版業界について 終わりに

【書評】「王様ゲーム 深淵8.08」(金沢伸明)日本・韓国・台湾の学生に潜む王様

「王様ゲーム 深淵8.08」 金沢 伸明 著 読了。 王様ゲームシリーズ12作目。 ついにここまで読みきりましたー。 1ヶ月ほど前に王様ゲームを手にとって、最初の巻を読み終えたのが11月18日でしたから、まさに1ヶ月ちょうどといったところですね。 シリーズ…

【書評】「王様ゲーム 深淵8.02」(金沢伸明)ついに日本の外で王様ゲームが始まった

「王様ゲーム 深淵8.02」 金沢 伸明 著 読了。 王様ゲームシリーズ第11弾。 これまでは日本の中だけで展開されてきた王様ゲームが、ついに日本の外で起こってしまった。 日本・台湾・韓国の合同研修旅行先の島で3カ国の学生を巻き込んだ王様ゲームが指導…

【書評】「海色の壜」(田丸雅智)10ページ程の物語に

「海色の壜」 田丸 雅智 著 読了。 どうも、てかてんです。 Twitterの読書アカウントをされている「海尾さん」からご紹介いただいた作品。 #いいねした人に手持ちの本から一冊オススメする@tekaten さんへ『海色の壜』田丸雅智読書家さんに本をおすすめする…

【書評】「王様ゲーム 煉獄11.04」(金沢伸明)ついに明かされる煉獄の王様!

「王様ゲーム 煉獄11.04」 金沢 伸明 著 読了。 王様ゲームシリーズ第10弾! ついに「煉獄」の王様がその正体を現します。 再び、高校を舞台にした王様ゲームを描いた「煉獄」ですが、規模も範囲もメンバーも限定されているだけに、物語がリアルに進行して行…

【書評】「王様ゲーム 煉獄10.29」(金沢伸明)終わったはずのゲームが再び高校で始まる

「王様ゲーム 煉獄10.29」 金沢 伸明 著 読了。 王様ゲームシリーズ第9弾! 新たな物語「煉獄」がスタートします。 今作は、王様ゲームの原点に戻ったかのようで、再び高校のあるクラスをターゲットにした王様ゲームが始まります。 規模が大きな王様ゲーム…

【書評】「王様ゲーム 再生9.24」(金沢伸明)壊滅状態の北海道に救いはあるのか!?

「王様ゲーム 再生9.24」 金沢 伸明 著 読了。 王様ゲームシリーズ第8弾! いよいよ新章も終盤に入ってきました。 最初は12作もあるのかー!と先が長く感じていましたが、もう8作目なので驚き。 残りが4作しかないと思うと、少し寂しい気もしますねー。…

【書評】「王様ゲーム 再生9.19」(金沢伸明)智久が変異した「第三の性」が動き出す

「王様ゲーム 再生9.19」 金沢 伸明 著 読了。 王様ゲームシリーズ第7弾! 全国を巻き込んだ王様ゲームが集結し、それから3ヶ月が過ぎた頃。 北海道をターゲットにした王様ゲームが指導してしまう。 さらに、「チャイルド」と呼ばれる謎の生命体も登場。 ま…

【書評】「王様ゲーム 起源」(金沢伸明)悲劇のすべてはここから始まった!

「王様ゲーム 起源」 金沢 伸明 著 読了。 王様ゲームシリーズ第6弾! 物語は32年前に遡り、一番最初の王様ゲームが語られます。 ついに、最初の王様ゲームで生き残った「本多一成」の経験した辛い過去が明かされることになりました。 これまで、本多奈津…

今月は13冊も読んだ!2017年11月の読書まとめ!

どうも、てかてんです。 今月から、月初に前月に読んだ本と書評記事のまとめを書いていこうと思います。 今回は、12月に入ったということで「2017年11月の読書まとめ!」の記事を書いていきます。 自分の中でも、先月どんな本を読んだっけ?と振り返ることが…

【書評】「王様ゲーム 滅亡6.11」(金沢伸明)王様ゲームの行方を握るナノクィーンの登場

「王様ゲーム 滅亡6.11」 金沢 伸明 著 読了。 王様ゲームシリーズ第5弾! 全国規模で動き始めた王様ゲームも、ついに終盤を迎える。 王様ゲームの操作ができてしまう絶望的なシステム「ナノクィーン」をめぐる争いが没初する。 そして、王様ゲームを誘発し…

【書評】「王様ゲーム滅亡6.08」(金沢伸明)全国規模に広がった新たな王様ゲーム

「王様ゲーム 滅亡6.08」 金沢 伸明 著 読了。 王様ゲームシリーズ第4弾! 伸明、奈津子が亡くなってもなお、連鎖を続ける王様ゲームが、ついに日本全国の高校生を対象にスタートしてしまう。 最初の命令は、広島県にいる高校生全員が、岡山県に移動すると…

【書評】「王様ゲーム臨場」(金沢伸明)未だ語られていない過去の王様ゲームが明らかに

「王様ゲーム 臨場」 金沢 伸明 著 読了。 王様ゲームシリーズ第3弾の、「王様ゲーム臨場」。 前作、「王様ゲーム終極」では、王様ゲームを生き残った伸明と奈津子が、再び王様ゲームと戦う姿が描かれていました。 今作では、過去に奈津子が体験した王様ゲー…

【書評】「王様ゲーム終極」(金沢伸明)一度終わったデスゲームが再び・・・

「王様ゲーム 終極」 金沢 伸明 王様ゲームシリーズの第2弾、「王様ゲーム 終極」。 全12作品中の2弾目なので、まだまだ序章に過ぎない今作ですが、少しずつ謎が解明されていたり、勢いのあるスピード感は衰えていなかったりで、一気に読み切れる面白さ…

【書評】「王様ゲーム」(金沢伸明)恐怖のデスゲームが始まる・・・

「王様ゲーム」 金沢 伸明 著 読了。 発売当初は爆発的なブームを巻き起こした「王様ゲーム」シリーズ。 昔、ハードカバーで読んだことがあったのですが、内容を忘れてしまったこともあり、文庫で全て読み直してみることにしました。 全部で12冊も出版され…

【書評】「お宝探しが好きすぎて」(山田悠介)恐ろしいお宝探しが始まる・・・

「お宝探しが好きすぎて」 山田 悠介 著 読了。 コドモランドシリーズ第4弾。 今回は、あの世とこの世を行き来する「孝平」が、この世で出会った「ゼロ」という少年とお宝探しをする物語となっています。 ゼロと遊ぶ孝平と、徐々に明らかになるお宝探しの真…

【書評】配信せずにはいられない(山田悠介)動画配信の過熱が狂気に変わる

「配信せずにはいられない」 山田 悠介 著 読了。 コドモランドシリーズ第3弾。 孝広と孝平の子供時代から時は経ち、孝広は高校2年生となっています。 そして、舞台は学校内で作ったサークルの活動に。 動画をネットに配信して、リスナーからの反響を増や…

【書評】「天使が怪獣になる前に」(山田悠介)幼い少年が抱える悲しみとは

「天使が怪獣になる前に」 山田 悠介 著 読了。 コドモランドシリーズの第2巻。 前作、「君がいる時はいつも雨」の登場人物であった少年「孝平」視点で物語が進んでいく。 再び現実世界に舞い戻り、兄の孝広を訪ねる。 今回は、「ナナシ」という同じコドモ…