読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てかてんの書斎

書斎は「学んだり、考えたり、静かに読書したりする場所」だと思います。ここでは、自分の書斎かのように「学んだり、考えたり、書籍について考察したり」する場所です。明日をもっと素敵な一日にするための、考え方・習慣・仕組みについてもお話していきます。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

夢を叶える17の法則

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【年間120冊読書プロジェクト 5冊目】

 

夢を叶える17の法則

 

山崎 拓巳 著作。

 
 
 

f:id:Tekaten:20150217000737j:plain

 
 
 
山崎さんは、独特の優しい文章で、成功法則の本をよく書かれている作家さんです。
 
自分に問いかけられるような感じで読み進めることができ、元気がもらえる作品が多くあります。
 
1冊あたりのページ数やボリュームが少ないこともあり、読みやすい本です。
 
 
 
◼︎◼︎
 
画家を目指しているなら、ただ毎日絵を描くだけでは、「上達と実現のスピード」が遅くなる。
 
闇雲な努力よりも、目標を設定して努力すふことが重要だからだ。
 
その目標には、強制力が働く「人を巻き込む目標」にすると効果が高く、とんでもない目標にするのも手段である。
 
 
「個展を開くと決めて、日取りや場所を用意すると絵が変わる」
 
画家の方に言われたその一言から、本当に絵が変わった。
 
陸上で日本新記録を目指す人と、オリンピックを目指す人、どっちが努力できるだろうか?
 
言うまでもなく、オリンピックを目指す人だ。
 
 
◼︎◼︎
 
 
この「個展を開くと決めると、絵が変わる」という言葉がとても印象的でした。
 
 
私のイメージとしては、
 
「個展を開くのは、作品がいくつか認められて、人脈も増えて、美術家として成功して初めて開くもの」
 
と思っていました。
 
成功ありきで個展を開くという先入観があったから、この言葉には驚いたのです。
 
 
作品を1つも世の中に出すことなく、いきなり個展を開こうなんて、私の常識からかけはなれていました。
 
ですが、それくらい突き抜けた目標を持てば、人は変わるのかもしれません。
 
 
私もこの本を読んで、
 
「ブログで文章力をつけながら、読んでくださるユーザーも増やして、実力がついてから本を書きたい」
 
と思っていた目標を、
 
「今年のうちに原稿をあげて、出版社の方に読んでもらう。それでも出版のチャンスが掴めなければ、電子書籍として出版する」
 
という風に変更しました。
 
 
 
 
それでは、第5冊目、読了です。
 
 
 
 
 

夢を叶える17の法則 (だいわ文庫)