読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てかてんの書斎

書斎は「学んだり、考えたり、静かに読書したりする場所」だと思います。ここでは、自分の書斎かのように「学んだり、考えたり、書籍について考察したり」する場所です。明日をもっと素敵な一日にするための、考え方・習慣・仕組みについてもお話していきます。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

珈琲店タレーランの事件簿4 〜ブレイクは5種類のフレーバーで

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
【 年間120冊読書計画 16冊目】
 
 

珈琲店タレーランの事件簿4 〜ブレイクは5種類のフレーバーで〜」
 
 
 
岡崎 琢磨 著 読了。
 
 
 
 
 

f:id:Tekaten:20150406000819j:plain

 
 
 
 
宝島社が実施している、このミステリーがすごい!の大賞受賞作品(このミス大賞シリーズ)の人気シリーズ作品のひとつである「珈琲店タレーランの事件簿」。
 
 
 
ミステリーの一般応募を募ったこのミステリーがすごい!から出版された一冊で、この大賞応募では基本的に大賞作品が出版されています。
 
 
 
しかしこの「タレーラン」は、最終選考で大賞に選ばれた作品ではなく、隠し玉として出版された異例の作品としても注目を集めています。
 
 
 
第1~3作目までは、主人公のアオヤマとヒロインのバリスタ・切間美星の二人で様々な事件を解決していくストーリーでしたが、今作では二人一緒に行動している場面が少なく、描写の仕方が違っていました。
 
 
 
タレーランを読まれている方であれば、この変化に気が付き、それも含めて楽しめた1冊だと思います。
 
 
 
1年に1冊のペースで最新刊をだされているので、次回作がでるのも1年後かと思うと、少々寂しい気もします。
 
 
 
珈琲に興味がなかった方でも、ついつい珈琲に興味を持ってしまうような、さりげなく珈琲の知識が身につくタレーラン
 
 
もちろん、珈琲に興味がある方であれば、ミステリーと珈琲の知識の両方を楽しめる1冊だと思います。
 
 
 
 
 
 
◼︎◼︎
 
 
 
 
 
 
 
京都のとある珈琲店、「タレーラン」にておこる事件を、タレーランの「バリスタ」霧間美星が解決していくミステリー小説。
 
 
 
珈琲のうんちくや、珈琲に絡んだ事件がでてきて、珈琲についても学べる作品。
 
 
 
 
作中のいたるところに珈琲に関する言葉がでてきており、
 
 
 
ヒロインの霧間美星はキリマンジャロ、主人公のアオヤマはブルーマウンテン、であったりと、ネーミングにも珈琲の名前が隠れている。
 
 
 
内容についてはネタバレになるので伏せますが、割とライトなミステリーでありながら、伏線も珈琲の知識も見事な作品だと思います。
 
 
 
おしゃれで落ち着いた雰囲気のあるカフェで、美味しい珈琲を飲んでみたいものです。
 
 
 
1巻から4巻まで、すべて楽しめる内容だったので、次回作が楽しみです。
 
 
 
 
◼︎◼︎
 
 
 
 
 
それでは、16冊目読了です。
 
 
 

珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

 16 / 120