てかてんの書斎

本業はメーカーの商品開発エンジニア。自宅ではもっぱら読書を楽しむ書評ブロガーとして活動中。読書は年間100冊ペースで、小説でもビジネス書でもなんでも読みます!ブログでは、書評・本から得た学びと考え・その他雑記記事を書いています。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

聞くだけで自律神経が整うCDブック

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

【 年間120冊読書計画 23冊目】

「聞くだけで自律神経が整うCDブック」
 
 小林 弘幸 著 
 大矢 たけはる 【音楽制作】 読了。
 
 

f:id:Tekaten:20150414234128j:plain

 
 
 読書をしていく中で、最近では「健康やフィットネス」タイプの本も気にかけて読むように心掛けています。やはり、「健康」あってこその人生であり、「フィットネス」あっての健康維持だと思うからですね。知らないことは実践することができませんから、「健康やフィットネス」の情報は適宜取り入れ、その中で実践可能なことを生活の中にも取り入れることが大切だと考えています。
 
 そんな中見つけたのが、「聞くだけで自律神経が整うCDブック」です。自律神経は、多くの内臓をコントロールする神経組織でありながら、それが一体どういうものなのか、具体的にどんな働きをするのかについて、詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。自律神経が整っていないと、様々な症状が発生し、重い病を患ってしまうこともあるそうです。「聞くだけで自律神経が整うCDブック」の帯に書かれている主な症状だけでもこんな感じ。
 
 
 
頭痛、肩こり、不眠、疲労、食欲不振、更年期障害
 
 
本来はまだまだ数えきれない程の症状があると思いますが、私生活ですぐにイメージできる症状だけでも上記に記載した通りです。私も頭痛や食欲不振にはよく悩まされているので、改善したいと思いました。
 
 
 
 
 

■ そもそも自律神経って、どういうものなの?

 
 
 前述した通り、自律神経についてはちょっと知っている程度で、あまり専門的なことまで知りませんでした。これを読まれている方も、一度自律神経について学ぼうとした人以外は、そこまで詳しくないのではないでしょうか。
 
 そこでまずは、「聞くだけで自律神経が整うCDブック」から自律神経の解説部分を引用します。
 
 
●●
 
 自律神経は、心臓や腸、胃、血管などの臓器をコントロールする大切な神経です。
 「交感神経」と「副交感神経」が、綱引きのように働いて(交感神経がアクセル、副交感神経がブレーキの役割と喩えられます)、臓器をコントロールしています。
 
 血管を例にその働きを見ると、交感神経は血管を収縮して心拍数や血圧を上げます。同時に、副交感神経は血管を拡張させて心拍数や血圧を下げようとします。この2つの働きが、うまくバランスをとるので、ちょうどよい心拍数と血圧になります。
 
●●
 
(「聞くだけで自律神経が整うCDブック」より引用しています。)
 
 
 自律神経とは、簡単に言うと「交感神経」と「副交感神経」を示していて、両者のバランスによってそれぞれの臓器の働きがコントロールされているようです。血管の例でもわかるように、交感神経が優位である時は心拍数や血圧を上げる働きがあるので目が冴えていますが、副交感神経が優位である時は心拍数や血圧が下がってリラックス状態に入り、眠気を誘います。血流から「眠気の有無」に影響が出るように、1つの臓器の働きはさまざまな「体調の変化」として現れてくるというわけですね。
 
 しかし、「交感神経」と「副交感神経」が高いレベルでバランスが取れていないと、身体にはあまり良い影響がでないそうです。この両者を高いレベルで保つ方法として、「音楽を聴く」というのが効果的だということです。
 
 
 
 
 

■ なぜ音楽を聴くと自律神経が整うのか?

 
 
 
「聞くだけで自律神経が整うCDブック」では自律神経を整える為に作られた音楽が入ったCDがついていますが、もちろんこの音源でなければならないわけではありません。どんな音楽が自律神経を整えるのに効果的であるかについて、「聞くだけで自律神経が整うCDブック」から以下を引用します。
 
 
 
●●
 
 人間の心身の活動は、自分の過去や未来のイメージをふくらませようとすると、そのとたん、すっと落ち着いて平静を取り戻すようにできています。
 
 このように心身が落ち着くのは、呼吸が整うためです。呼吸が整ってゆっくりと深く息をするようになると、多くの酸素が取り入れられ、血行がよくなって、酸素と栄養を載せた血液が体のすみずみに行き渡るようになります。
 また、それと同時に副交感神経が高まって、自律神経のバランスを安定する方向へシフトします。
 
 
中略
 
 
 音楽を聞きながら自分の過去を振り返り、自分の未来に思いを馳せてイメージをふくらませていけば、呼吸が整って、副交感神経が高まる作用がもたらされるというわけです。
 
 
●●
 
(「聞くだけで自律神経が整うCDブック」より引用しています。)
 
 
 自分の過去の記憶から、思い出深い音楽を聞いたり、未来が明るく元気になるような音楽を聞いたりすれば、自律神経を整えることに繋がるようです。学生時代の思い出の曲とか、リラックスできる落ち着いた楽曲であれば、「聞くだけで自律神経が整うCDブック」の音源でなくても十分に効果がありそうです。私も過去に聞いてきた音楽を棚卸しして、その中でも特に思い出深い曲やリラックスできそうな音楽を集めたCDを作ってみました。1日に10分だけでも聞く習慣を身に着けていきたいと思います。
 
 「聞くだけで自律神経が整うCDブック」の音源に興味がある方は、ぜひ購入してお聞きください。私の感想としては、どれも感情が揺さぶられる曲で、明るい曲も悲しい曲も過去の回想シーンで出てきそうな曲もあります。お気に入の曲もできて、ドライブ中に聞いても問題ない楽曲です。
 
 
 
それでは23冊目、読了です。
 
 
23 / 120
 
 
 
聞くだけで自律神経が整うCDブック
小林弘幸
アスコム
売り上げランキング: 66