読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てかてんの書斎

書斎は「学んだり、考えたり、静かに読書したりする場所」だと思います。ここでは、自分の書斎かのように「学んだり、考えたり、書籍について考察したり」する場所です。明日をもっと素敵な一日にするための、考え方・習慣・仕組みについてもお話していきます。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

【図解】Evernoteに写真を自動保存できる「Fast Ever Snap」

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

 

f:id:Tekaten:20150208235915j:plain

 
 
 
  Evernoteは、既存のノートアプリやソフトウェアよりも様々な便利機能を持っている優れたクラウドサービスです。Evernoteを使えば、ノートの第一の使い方である文章を書くことの他にも、写真、音声、Webページのクリップ、友人とのノート共有、パソコンからでもスマホからでもアクセスできる、保存容量が多いなど、多くの利点と便利さを備えています。
 
 Evernoteの簡単な解説とまとめについては、以下のエントリをご一読ください。
 
 

 

tekaten.hatenablog.jp

 

 
 
  さて、様々な特徴を持つEvernoteですが、その真価を発揮するのは何と言っても「情報を自動で溜め込むことができる」ところです。他のアプリと連帯して、情報を自動で溜め込んで行くことができるのです。
 
  例えば、Twitterと連動して、自分のtweetやお気に入りのtweetEvernoteに自動保存していく設定をすれば、Evernote内にTwitterの歴史を残していくことができます。
 
  メールマガジンを読まれている方は、読みたいメルマガや残しておきたいメルマガがメールボックスに埋もれてしまうことがあると思います。そこで、受信したメールマガジンEvernoteに転送する設定をしておけば、必要なメルマガを一つのノートブックにまとめておくこともできます。
 
 
  これらはいずれも、一度設定しておけば後は自動的に情報が溜まっていく仕組みの完成なので、生活していく中でどんどん情報を貯めていくことができます。
 
  さて、こうしたEvernoteへの情報の自動保存を使用するにあたって、私が最も便利だと感じている写真の自動保存について詳しくご説明していきます。
 
 
 
 
 

■ 「Fast Ever Snap 」を使って写真を自動保存すればこんなことが便利になる

 
 
 
 
 「Fast Ever Snap」を使えば、写真を自動的にEvernoteへ保存することができるのですが、写真がEvernoteに自動保存できるようになるとどのような利点があるのかを考えてみましょう。
 
 利点は分かっているから使い方のほうが知りたいと思われている方は、次の図解で分かる、「Fast Ever Snap」の使い方 からお読みください。
 
  まずは、以下に大きな利点と活用について挙げてみます。
 
 
 
 

利点① 写真を撮影するとスマホ本体とEvernoteに保存される

 
  通常、写真を撮影するとスマホ本体にのみ写真が保存されますが、Fast Ever Snapを使えば、スマホ本体とEvernoteに写真が保存されます。その際、保存先のノートも指定できますので、自動保存と同時に写真の整理もできます。
 
 
 
 

利点② Evernoteに写真が保存されるため、機種変更をしても写真データはEvernoteに残っている

 
 
  利点①の機能があるおかげで、写真を自動的にEvernoteへ保存することができますから、機種変更して写真データがなくなった!という事態を防ぐことができます。写真のバックアップを常にEvernoteへ保存しているような状態なので、スマホをトイレに落としてしまったり、故障させてしまったりしても、Evernoteにバックアップがある分、安心することができます。
 
 
 
 

利点③ 写真をパソコンに移す作業が楽になる

 
 
  これは非常に便利な機能だと思うのですが、スマホの写真をEvernoteに自動保存すると、スマホからパソコンに写真を移す手間が省けます。通常、パソコンへ写真を移動させる際、メール機能やUSBメモリクラウドサービスなどを使って移動させます。しかし、Evernoteに写真が保存されていれば、パソコンでEvernoteを起動し、そこから好きな写真を選んで保存するだけで良いので、かなり楽になります。
 
 
 

f:id:Tekaten:20150420232959j:plain

 
 

利点④ 写真が入ったノートを共有すれば、友人と写真をシェアできる

 
 
  Evernoteには、ノートを友人とシェアする機能があります。その機能を使えば、自分が書いたノートを共有することができますから、写真を貼ったノートを共有すれば簡単に写真をシェアできます。例えば、「○○旅行」というノートを作成して、その旅行中に取った写真はすべてFast Ever Snapを使ってノートに貯め込んでいきます。そして旅行から帰った後は、「○○旅行」のノートを友人と共有するだけで、面倒な写真の整理は完了するということです。すごく便利ですよね。
 
 
 
 

利点⑤    写真をリサイズすることができる

 
 
 Fast Ever Snapでは、撮影した写真を自動でリサイズする機能も備わっています。サイズは4種類用意されています。
 
 
 
 
 1600 × 1200
 
 1024 × 768
 
 640 × 480
 
 320 × 240
 
 
この中からサイズを選択しておくだけで、撮影した写真がリサイズされてスマホ本体とEvernoteにそれぞれ保存されます。この機能は、ブログで写真を投稿するときにリサイズするのが面倒だったり、ExcelPowerPointなどの写真サイズをあらかじめ調整しておきたいけど面倒だったりする場合に、重宝されます。
 
 
 
 

■ 図解で分かる、「Fast Ever Snap」の使い方 

 
 
 
 さて、簡単にFast Ever Snapを使う利点について見てきたところで、Fast Ever Snapの使い方を出来るだけ分かりやすく「図解」で解説していこうと思います。とはいえ、ユーザーインターフェースをかなり意識したアプリになっているので、直感的に使うことができますから、使い始めていただければ解説は不要かと思います。もし、Fast Ever Snapを使用するかどうか検討中の方がいらっしゃいましたら、割と参考になると思いますのでご覧ください。
 
 
 
 アプリストアで「Fast Ever Snap」と検索すると以下のようなアイコンがでてきます。ちなみに今回は「iPhone」で検索した場合を例に写真を添付しております。
 
 

f:id:Tekaten:20150420224928j:plain

 
 
 すでにダウンロードしているので、右上には「開く」と表示されていますが、最初は「240円」という有料価格が表示されている状態になります。有料アプリとはいえ、たったの240円で前述したような利点が手に入ると思えば、お安い買い物だと思います。
 
 Fast Ever Snapは、アプリを起動するとすぐにカメラ画面が表示されます。
 
 
 
 
左上の「オフまたは自動」と表示されているところは「フラッシュの自動とオフ」を設定するボタンで、右上のマークは「通常のカメラとインカメラの切り替え」を行うボタンです。これらは、通常のカメラアプリと変わりありません。
 
 中央上の「オプション」ボタンを押すと、以下のような画面が表示されます。
 

f:id:Tekaten:20150420225636j:plain

 
 
 この画面では、撮影した写真を「Evernoteのみに保存するのか、スマホ本体とEvernoteの両方に保存するのか」を設定するボタンと、「撮影した写真のサイズを自動的に変換するサイズ選択画面」が表示されています。ここで、写真の保存方法と、自分が変更したいサイズを設定しておくと、今後Fast Ever Snapで撮影した写真すべてに反映されます。
 
 
 右下の3つのボタンは、左から順に「保存するノートを選択する」「タグを設定する」「タイトルを記入する」という設定ができるボタンで、それぞれ写真の整理整頓に役立つ機能です。これは、Evernoteで使用している「ノート」「タグ」「タイトル」と同じものなので、こちらであらかじめ設定しておくと良いでしょう。
 
 「ノート」のボタンをタップすると、以下のような画面がでてきます。
 

f:id:Tekaten:20150420225547j:plain

 
 
 Fast Ever Snapに同期させているEvernoteのアカウント情報が反映されて、現在作成されているノートが一覧表示されています。この中から、撮影した写真を保存したいノートを選択しておくと、後に撮影する写真はすべてそのノートに保存されていきます。画面の左下に、現在選択中のノート名が表示されていますので、撮影するときに保存先のノートも確認できるようになっています。
 
 
 
 機能はこれでほとんど終了です。あと、細かいアカウント情報の変更設定などは割愛しますが、これだけの設定で前述した5つの利点が手に入り、かつEvernoteをより効率良く使用することができるようになります。普段カメラアプリで写真を撮影する習慣がある人は、一度Fast Ever Snapをダウンロードしておくだけで、今後の写真管理はより便利になり、Evernoteにどんどん写真情報を蓄積していくことができるのです。
 
 
 
 

■ 終わりに

 
 
 Evernoteは日々どんどん進化していっています。Evernoteそのものの機能が新しく変化しているだけでなく、Fast Ever Snapのような付属アプリも次々と開発され、便利になってきているなと感じます。今回ご紹介したのはあくまで「写真をEvernoteに自動保存するアプリ」だけであり、調べてみると「位置情報を記録する設定」や「ツイートを自動保存する設定」、この記事の中でもお話しましたが「メールを自動保存する設定でメルマガを貯めていく」といったことも可能です。これも、まだまだ一部に過ぎないのですから、Evernoteには更なる進化が期待できます。