てかてんの書斎

本業はメーカーの商品開発エンジニア。自宅ではもっぱら読書を楽しむ書評ブロガーとして活動中。読書は年間100冊ペースで、小説でもビジネス書でもなんでも読みます!ブログでは、書評・本から得た学びと考え・その他雑記記事を書いています。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

同棲終了日記 ~10年同棲した初彼に34歳でフラれました

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【 年間120冊読書計画 29冊目】
 

「同棲終了日記 ~10年同棲した初彼に34歳でフラれました」
 
 
 おりはら さちこ 著 読了。

 

同棲終了日記 10年同棲した初彼に34歳でフラれました

 

 
 誰にでも、「恋人との別れ」という、苦くも甘酸っぱい思い出があるのではないでしょうか。
 
 
 
 お互いの気持ちが通じなかった「付き合う前に告白してフラれた経験」
 
 ”好き”という気持ちを伝えられず、相手に恋人ができてしまった「行動する前の失恋」
 
 付き合っていたけれど、二人の思いが徐々にずれていき、平行線となってしまった「恋人との別れ」
 
 結婚していたけれど、どうしても譲れない出来事があって、すれ違っていった「夫婦の別れ」
 
 
 
などなど、様々な「恋の別れ」という経験があるものだと思います。
 
 時間が経過することで、「良い思い出」となる別れもあれば、「人生の汚点」として一生残り続ける別れもあります。
 
 今回ご紹介するのは、どこか「良い思い出」として考えられるようになっているものの、エピソードそのものは「人生の汚点」とも感じられる実話ストーリーを描いた電子書籍「同棲終了日記 ~10年同棲した初彼に34歳でフラれました」です。
 
 漫画家として活躍されている「おりはら さちこ」さんの実体験に基づいた、エッセイ風の漫画として描かれた「同棲終了日記 ~10年同棲した初彼に34歳でフラれました」は、本来なら辛い経験だと思われる失恋について、面白おかしく描いています。
 
 それでは、簡単な書評を書いていきます。
 
 
 
 
■■
 
 
34歳にして10年同棲してきた初彼にフラれた著者の状況を描いた漫画風の一冊。
 
タイトルだけでもインパクトがあって、自分がそんな経験をしたらと思うと、なんとも言い難い気持ちになります。著者は女性の方ですから、精神的なダメージは男性陣よりもはるかに上回っていると考えると、辛い体験なのではないか、と思われます。
 
しかし、そのエピソードを電子書籍にしていることに、面白さがありますね。
 
 
 
kindleストアでおすすめの本として紹介されていたので思わず購入して、読んでみました。
 
 
可愛らしいキャラクターのイラストと、著者と彼の面白おかしいやりとりを読み進めていくうちと、あっという間に読み終えてしまいました。
 
しっかり者で世話焼きの著者と、ゆったりのんびりマイペースな彼。
 
組み合わせとしては、すごくマッチしていて、幸せな生活像がのぞける中、彼から急に驚くべきことを言われてしまいます。
 
 
 
それは、
 
 
 
「職場に若い女性社員が入ってきて、仕事で接していくうちに気になり始めちゃった」
 
 
とのことで、話し合った結果、その女性社員と付き合うことにした、とのことでした。
 
 
つまり、他の人が好きになって、付き合うことになったから別れよう、ってことですよね。
 
 
そんなのあり!?とつい突っ込みを入れてしまいたくなる理由。
 
最初は、どうせ相手は若い女の子だし、彼はのんびりしてて抜けてるし、すぐに気持ちのずれが出てきて、別れるよね、と思っていたけれど、そのままうまくいってしまっている様子。
 
ついに、10年間同棲してきたアパートを引き払うことになりました。
 
 
 
しかしそれから家を引き払うまでの間、もう彼氏ではなくなった元彼と一緒に生活する当たりを見ると、彼と過ごす残りの時間を「いらいらしながらも楽しもう」としていた著者の気持ちがうかがえました。
 
 
 
■■
 
 
 
 
それでは、29冊目 読了です。
 
 
29 / 120
 
 
同棲終了日記 10年同棲した初彼に34歳でフラれました
おりはら さちこ
双葉社
売り上げランキング: 56,371