読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てかてんの書斎

書斎は「学んだり、考えたり、静かに読書したりする場所」だと思います。ここでは、自分の書斎かのように「学んだり、考えたり、書籍について考察したり」する場所です。明日をもっと素敵な一日にするための、考え方・習慣・仕組みについてもお話していきます。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

【 年間120冊読書計画 43冊目】
 
 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
 
 
 七月 隆文 著作 読了。
 
 
 
ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)
 
 
 
 タイトルが「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」とあるように、何か深い意味を感じる一冊。
 
 
 「読書メーター」という読書家の為のSNSでも大反響で、ランキング上位に入っていたこともあり、久しぶりに恋愛ものも読んでみるか、という気持ちで購入しました。
 
 詳しい設定について話してしまうと、物語の面白さそのものに影響を与えてしまいかねないため、今回の書評では大まかなストーリーにのみ触れておきます。
 
 あまり大きなネタバレになると、面白さが「半減」どころではなくなりそうなので。
 
 
 
 
 
■■
 
 
 
美術系の大学に通う「高寿」は電車に乗ったときに見かけた「愛美」に一目惚れ。
 
 
「このタイミングを逃したら、一生この子に近づけないかもしれない」
 
 
そんな思いに、人生初の行動に出る。
 
電車を降りる愛美を追いかけて、いきなり声をかける高寿。
 
 
「一目惚れしました!」という唐突な告白から物語がスタート。
 
 
それから恋人になる高寿と愛美ですが、「彼女の秘密」が明らかになると共に、これまで二人で過ごしてきた日々の意味を考えると、切ない気持ちになるストーリーでした。
 
 
恋人となり、デートをして、一緒に食事をしたり、家でDVDを楽しんだり・・・
 
ありきたりな恋人模様を描きながらも、愛美の気持ちに隠れている真実を知った時、物語はさらに深い愛情で包まれます。
 
 
 
 
■■
 
 
 
 
「彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる。」
 
小説の帯に書かれているキャッチコピーですが、まさにその通りな一冊でした。
 
 
一目惚れして、勢いで告白!なんていうベタな恋愛物の小説を読んだことはあまりありませんでしたから、なんともむず痒いような気持ちで読み進めました。
 
 
恋人になった高寿の気持ちを表現している場面では、
 
 
「確かにこんな風に考えていたこともあったな」
 
 
と、恋愛をする中で感じる「男心」のようなものもうまく描かれていました。
 
 
初デートの約束をした日、デートプランを考えて、実際に一人でリハーサルをする場面なんかは、とても温かい気持ちになりました。
 
場所の下見だけでなく、近所のお店でご飯まで食べてみて、おすすめのお店をあらかじめ決めておくという徹底ぶりには、少々ほほえましい気持ちにもなりました。
 
 
 
こんな感じで、「普通の恋愛小説」としても楽しめる1冊だと感じました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
43 / 120
 
 
 
ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)
七月 隆文
宝島社 (2014-08-06)
売り上げランキング: 853