読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てかてんの書斎

書斎は「学んだり、考えたり、静かに読書したりする場所」だと思います。ここでは、自分の書斎かのように「学んだり、考えたり、書籍について考察したり」する場所です。明日をもっと素敵な一日にするための、考え方・習慣・仕組みについてもお話していきます。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

トップYouTuberの考え方は、成功に関して学ぶべきものがたくさんあった「僕の仕事はYouTube」

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

僕の仕事は YouTube

 

 

「僕の仕事はYouTube

 

HIKAKIN 著

 

 

「HIKAKIN TV」や「HIKAKIN Games」などのYouTubeチャンネルを運営している、日本のプロYouTuberのパイオニア、HIKAKINさんが自身の体験をまとめた一冊。

 

今となっては、YouTuberという言葉もよく耳にするようになりましたし、かなりの数のYouTuberが動画を作成している時代となりました。

 

YouTuberとは、動画サイトYouTubeに動画をアップロードして視聴者を楽しませることをメインの活動としている人たちのことを表していて、動画の中に広告を載せることによって広告収入が得られるビジネスモデルを採用しています。

 

広告が表示されたり、クリックされたりすると広告収入が発生するタイプのものなので、動画再生回数に比例して収入を得ることができます。

 

そんなYouTubeに出会ってから、自身の大好きなヒューマンビートボックスの動画を作ってみんなに見てもらうことにはまっていったHIKAKINさんは、現在では日本のトップYouTuberとなっています。

 

 

「夢をつかむまで、挫折もパワーにして、何度でもあきらめずに手を伸ばそう」

僕は今も自分にそう言い続けて、次の夢に挑戦中です。

 

(「僕の仕事はYouTube」より引用しています。)

 

 

YouTuberとしての成功を手にした今でも、こんな言葉をかけることに感激しました。

 

まだまだ夢の途中だとおっしゃっていますが、最近放送されているテレビのCMでも

 

「世界中の人たちを笑顔にすることが夢です」

 

と語っています。

 

 

勤務時間以外は、YouTubeに身も心も捧げる、そんな日々が続きました。

 

(「僕の仕事はYouTube」より引用しています。)

 

 

まだサラリーマンだった頃のHIKAKINさんは、仕事の時間以外はすべてYouTubeのことを考えて活動していたと言います。

 

やはり、何かに打ち込んで成功したいと思った場合、「圧倒的な努力をする」ことが必要になってきます。

 

今となっては1本の動画がほとんど100万再生を超えていますが、それはこれまで血の滲むような努力をしてきた結果、HIKAKINさんのブランドが構築されているからです。

 

華やかな成功している姿だけを見ると、なかなか想像はできませんが、これまでの長い期間で想像もできないような努力を積み重ねてきていたのだと思います。

 

 

 

自分が大好きなことを、自由にやって、それが充分ゆとりのある収入につながる手法が、この世にはある。

しかもその手段は、誰もが参加できるYouTube

 

心の底からスゲェと思った。

そして僕がしたい生き方は、コレだと思った。

 

(「僕の仕事はYouTube」より引用しています。)

 

 

自分の生き方がこれだ!と思えるようなことに、若い頃出会えたことは幸せです。

 

本当に、自分が心から打ち込みたいことって、出会えないまま人生を終える人も多いのではないでしょうか。

 

私も、本を読むことが好きで、それが派生して自分も文筆の世界で食べていきたいと思うようになっていますが、まだまだ畑を耕すどころか畑探しの最中くらいのものです。

 

 

言葉で言うと簡単です。

 

自分がビビッときて、心から打ち込めるものに出会えれば、あとは死ぬほど努力すれば成功できます。

 

しかしこれが、現実になると本当に難しい。

 

心から打ち込めるものに出会うことも難しいし、何より他を犠牲にするほど努力できること自体も難しい。

 

過去に成功してきた人たちは、本当に偉大です。

 

せっかく私も、本の世界、文筆の世界で何かやりたいと思っているのですから、それこそ何もかも犠牲にするほど打ち込んでいくべきなのかもしれません。

 

 

 

中身が大事。これは基本中の基本。

 

当たり前のことですが、YouTubeパートナーの中には「広告収入で稼ごう」と思うあまり、うっかりこの「基本」を忘れてしまう人が少なくありません。

 

(「僕の仕事はYouTube」より引用しています。)

 

 

動画でお金を稼ぐことができて、今や動画をアップするだけでアクセスが稼げるほど人気があるHIKAKINさんでも、このことは忘れてはいないようです。

 

「広告収入」って、後付けなんです。

 

人気が出て、視聴者が楽しんでくれるからお金がもらえる。

 

そういう仕組みなはずなのに、お金をもらうためにアクセスをもぎ取ろうとする考え方は絶対に成功しません。

 

トップYouTuberとなっていても、基本を大切に、視聴者を大切にするからこそ、根強い人気が続いていくのだと思います。

 

 

YouTubeを仕事にしている僕が言うのもなんですが、

YouTubeでお金を稼ぐこと」を第一に考えると、必ず失敗します。

 

まずは大好きなこと、続けられることをテーマに、楽しみながら地道に動画を作り続けていった際に、「YouTubeでお金が稼げる」ようになるんだと思うんです。

 

(「僕の仕事はYouTube」より引用しています。)

 

 

本当に素敵な言葉だと思います。

 

HIKAKINさんはYouTubeを仕事にしているので、ある意味お金を稼ぐことに注目するのは間違っていませんが、大好きだからやっているんだと言っています。

 

せっかく仕事にして、人生捧げて打ち込むのなら「自分が大好きなこと」でありたいですよね。

 

そんな基本であり、真髄でもある言葉を随所に見られたこの一冊は、繰り返し読みたいお気に入り本になりそうです。

 

 

 

 

終わりに

 

もともとあまりYouTuberを好んでいなかったてかてんですが、一度友人の家のテレビでYouTubeを見ていた時にHIKAKINさんの動画を見ました。

 

ゲームの実況動画だったのですが、これが面白い。

 

HIKAKINさん自身が大爆笑しながら、いかにも一緒の部屋でゲームを楽しんでいるかのような感覚になる動画でした。

 

その時、これまでの考え方を一新しました。

 

YouTuberって面白い。

 

この1つの動画がきっかけで、てかてんも自宅でHIKAKINさんの動画を見るようになり、

 

「この人確か本も書いていたよな」

 

という流れで「僕の仕事はYouTube」と出会いました。

 

なんとなく嫌いだから動画を見ない、なんて思っていた自分の考えは本当に甘かったなと思わされ、「最新のブームには一応乗ってみようとする姿勢」を大切にしようと思いました。

 

 

 

僕の仕事は YouTube
僕の仕事は YouTube
posted with amazlet at 17.04.20
HIKAKIN
主婦と生活社
売り上げランキング: 9,832