てかてんの書斎

本業はメーカーの商品開発エンジニア。自宅ではもっぱら読書を楽しむ書評ブロガーとして活動中。読書は年間100冊ペースで、小説でもビジネス書でもなんでも読みます!ブログでは、書評・本から得た学びと考え・その他雑記記事を書いています。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

月間1万PVがブログ界で「上位5%に入る」ってことにびっくりした

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

f:id:Tekaten:20170617101050j:plain

 
 
 
どんな形であれ、ブログを書いている人たちなら必ず気になるのが、「どうやったらアクセスが増えるのかな?」ということと、「今のアクセス数は多い方なのかな?」ということでしょう。
 
私も、ブログを書いている一人として、アクセスアップに繋がるように記事を書く努力をしたり、インターネットマーケティングの勉強か欠かしていません。
 
そして、今の私のブログのアクセス数は、はたして全体で見たときにどんな位置にいるのだろう?
 
そんな疑問から、ちょっと調べてみました。
 
すると、面白い記事をみかけたんです。
 
「月間1万PVを超えるブログは、ブログ全体で上位5%」に入るという情報です。
 
月間1万PVは、一見して少ないのかな?と思いがちですが、上位5%とあればかなりの上位層ですよね。
 
 
ということで今回は、月間1万PVという一つの指標をもとに、ブログ界の現状を把握しながら考えていきたいと思います。
 
 
今回のトピックはこちら!
 
 
 
 

「月間1万PV」はブロガーとして誇って良い

 

 

ブログの月間PVについて色々と調べていて、たどり着いたのがこの記事。

 

 

www.bokurano-music.com

 
 
タイトルを見て「お!?」と思い、読み込んでみました。
 
この記事によると、最初にも書いたように
 
「ブログで月間1万PVにたどり着いているブログは、個人ブログでは上位5%にはいる」
 
ということでした。
 
改めて、上位5%ってとんでもなくすごいことですよね。
 
ブログのアクセスについてインターネット上で検索していると、月に10万PVになるまで3カ月しかかかりませんでした!とか、初心者でも月に10万PVにたどり着く方法を教えます!といった、誰でも簡単にアクセスって集まりますよーみたいな記事が多いように思います。
 
てかてんも、そんな記事ばかり読んでいたので、「まだそんなにアクセスないもんな」とその都度凹んでいたりしました(笑)
 
しかし、よく考えてみると、
 
「ブログのアクセス」についてインターネット上で検索し、検索ページの上位に表示されている記事は、人気ブロガーの記事である可能性が高いですよね。
 
人気ブロガーだと、アクセスが多いのはうなづけますし、そもそも私たちが日頃見ている記事の多くは「アクセスの多いブログ」な訳ですから、そのレベルの人たちと競い合って一喜一憂しているのはもったいないように思います。
 
ブログを始めて間もない人や、雑記ブログをのんびり更新して楽しんでいるブロガーは、よっぽどトレンド記事を書いたりしない限りは「上位表示」される記事になることは難しいです。
 
だからこそ、そんな初心者や雑記ブログを楽しむブロガーが、検索上位のブログ記事を相手にして「自分のブログはダメだ」なんて思う必要はないのです。
 
書いていく記事が少しずつ読まれるようになって、徐々にアクセスが増えていき、「月間1万PV」に辿り着ければすごいこと。
 
だって、上位表示されるような記事ばかり書いているわけではないのに、ブログの中で上位5%には入れているとしたら、コツコツ続けてきた努力が形になったようで嬉しくなります。
 
てかてんとしても、話題のニュースを記事にして一時的なアクセスを増やすという手法よりも、自分のテーマに沿った記事をたくさん書いて、ブログとして価値のあるサイトに成長させていきながら、自分だけの発信力をつけていきたいと思っています。
 
そんなこんなで、月間1万PVが上位5%にはいるという情報は、非常に励みになりました。
 
 
 

実は「1日50PVに満たないブログが8割も存在」している

 

 

先ほどの、

月間1万PVはもっと誇っていい!あなたは天才だっ! - 消えゆく僕らの音楽雑記

という記事によると、

 

「1日に50PVに満たないブログが78%もある」

 

ということでした。

 

今やブログを開設するのは非常に簡単になりましたので、数多のブログが存在しています。

 

そんな中で、1日50PVに届かないブログが全体の8割を占めているということなんです。

 

つまり、ほとんどのブログがあまり読まれれいないブログになってしまっているということ。

 

1日50PVということは、月間で1500PVほどということになりますね。

 

だからこそ、先ほどの月間1万PVのように、「少し読まれ始めているブログ」のレベルに達してくると、1つ頭が飛び出してきたことになるわけです。

 

自分がブログを継続していくモチベーションの一つとして、自分のブログに自信を持ってあげてもいいかもしれませんね。

 

 

やっぱり、世の中にたくさん溢れているブログの中で、「日記のブログ」とか「更新を諦めちゃっているブログ」が多すぎて、アクセスの集まらないブログが多いのだと思います。

 

有名人や人気の出て来たブロガーさんが日記を書くと、それだけでアクセスが集まるものですが、無名で読者がついていないブロガーが日記を書いてもほぼ読まれません。

 

それから、1回更新したら次は1ヶ月後に更新。なんて周期でブログを書いていても、読者はついてくれませんよね。

 

次にいつ更新されるかもわからないブログに読者がつくことはありませんから。

 

そんなこんなで、読者のためになるような記事を心がけて、なるべく定期的にたくさん記事を書いていけば、月間1万PVも夢ではないと思います。

 

 

 

 

 

個人が作ったコンテンツが月に1万回も読まれている!と考えてみよう

 
 
改めて、無名だった個人がブログをコツコツ書いていって、「月間1万PVを達成した」ということを考えてみると、「今や個人の発信力も侮れない」としみじみ思います。
 
カリスマブロガーの中には、月に30万PVなんて人もたくさんいらっしゃるので、個人が発信している情報が、ちょっとした雑誌レベルの影響力を持っていると考えると驚きますよね。
 
もはや可能性は無限大です。
 
月間100万PVのブログがあったとすれば、それだけで広告価値は絶大ですし、商品を紹介する記事を書けばたくさんの人が購入してくれることにもなります。
 
企業から広告オファーがあったり、商品のコラボ企画がもらえたり、はたまた自分で作った商品を販売するお店の代わりになったりと、ただの個人ブログとは言えないくらい幅の広い活動ができるかもしれません。
 
ビジネスとしてブログを運営するのなら・・・という話ですが。
 
 
いろいろ考えてみましたが、ブログってやっぱり楽しいですよね。
 
知らない誰かに読んでもらって、そこで共感してもらえたり、何かのためになったりすると書いていてよかったと思えます。
 
この記事の内容のように、適度にモチベーションが上がるような情報を見つけていきながら、ブログ運営を楽しんでいきたいものです。
 
 
 
 

終わりに

 

 

ブログをやっている以上、自分のブログがどれだけ読まれているかとか、全体でどんな位置にいるのかはきになると思います。

 

ですが、そこで検索上位のプロブロガーやカリスマブロガーと競って、凹んでしまう必要はないと思います。

 

必要なのは、自分のブログが確実に成長していることを見ていくということ。

 

しっかり更新していて、どんな記事がよく読まれていて、どんな人たちが読んでくれているのか。

 

それを情報として仕入れていきながら、そしてブログを書くという行為そのものを楽しんでいきながら、自分のブログを成長させていくことが大切ですね。