てかてんの書斎

本業はメーカーの商品開発エンジニア。自宅ではもっぱら読書を楽しむ書評ブロガーとして活動中。読書は年間100冊ペースで、小説でもビジネス書でもなんでも読みます!ブログでは、書評・本から得た学びと考え・その他雑記記事を書いています。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログでアクセスを増やす方法の第一歩は、継続すること

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

 

f:id:Tekaten:20170617101050j:plain

 


ブログでアクセスを増やそうと思ったときに、記事の内容や話題性ブログ運営の技術を学ぶ前に最初にするべきことがあります。
 
それは、ブログを継続して運営することです。
簡単に言うと、なるべく間を開けずに記事を書き続ける事です。
 
もちろん、話題のニュースなどを記事にしたほうが爆発的にアクセスを集めることができます。
今、検索数の多いキーワード使うことなどもブログアクセスを集める上では重要な技術になってきます。
 
しかし、考えてみてください。
話題のニュースを記事にすることや、アクセスを集めるためにキーワードばかりを盛り込んだ記事を書くことが果たして楽しいのでしょうか。
 
話題のニュースや、キーワードばかり追いかけて自分が楽しくない記事を書くことになっていては続けることができません。
 
ということで、話題性やキーワード設定なども重要ですが、まずは自分が書きたい事を楽しく記事にするということをやってみてください。
 
今回は、ブログのアクセスを集めるための方法の1つとして、継続することの素晴らしさと継続のやり方についてまとめていきたいと思います。
 
今回のトピックはこちら。
 
 
 
 

まずは、毎日記事を書いてみよう

 
 
まず初めにやるべきことは、毎日ブログの記事を書くということです。
 
理想は、毎日1つのテーマに沿った記事を書いて、毎日投稿することですが、なかなかそうもいかない人もいるでしょう。
 
だとしても、必ず毎日記事を書くことは続けてください。
 
気分が乗った時だけ記事を書くようにしていると、どうしても不定期に更新するブログになってしまいます。
気が乗らないと、1ヶ月近く更新しないということもありえますので、少しでも毎日書いていきましょう。
 
ブログはいまや、スマートフォンでも簡単に書くことができます。
 
仕事の休憩時間や、なんとなくパソコンに向かう気になれずにテレビを見ている間など、スマートフォンでちょこちょこ書いていけばそれなりの記事は書けます。
 
てかてんは、スマートフォンで文章だけの記事をダーっと書いていって、レイアウトや修正、色付け、見出し付け、画像の添付などは最後にパソコンでやっています。
 
パソコンやスマートフォンを駆使して、とにかく毎日記事をコツコツ書いていくと、記事の数が増えてアクセスが増えていきます。
 
あまりアクセスの集まらない記事を書いたとしても、更新することで誰かが読んでくれる可能性がでますし、検索の観点からも記事の多いブログはアクセスが集まりやすい傾向があります。
 
 
 
 

あまり更新されないブログが人気になるはずがない

 
 
 
当たり前かもしれませんが、そもそもあまり更新されないブログが人気になるはずがありませんよね。
 
どんなに面白い映画を上映しても、たまにしか映画を上映しない映画館なんて、人気になるはずがないですよね(笑)
 
よほどの有名人でもない限り、たまに更新した記事が爆発的にアクセスを集めることはできません。
 
むしろ、かなりの有名人であっても、継続的に更新しているブログの方がアクセスは多いのです。
 
そんな感じで、常に新しい情報が更新されるブログであれば、アクセスに繋がっていくということになります。
 
あくまでも読者目線で、更新されるブログにしていきましょう。
 
 
 
 
 
 

思いついた時にすぐに書き込めるネタ帳を作っておこう

 
 
 
とは言いつつも、毎日記事を書くとなるとネタが必要になりますよね。
 
記事を書こう!と気合いが入ったときに、書くべきネタが思いつかずに手が止まってしまい、結果的に何も書けなかった。
そんなことを繰り返していては、毎日ブログを書き続けることはできません。
 
ですから、スマートフォンのメモアプリや、ブログに下書きを書く機能、もしくは手帳なんかでも構いませんので、ネタ帳を作ってみましょう。
 
こんなこと書いてみようかな?と思ったことを、箇条書きでたくさん書き留めておくのです。
 
実際に書かないことでも構わないので、とにかく思いついたネタはどんどんメモしておくこと。
 
そのメモを眺めながら、新しい記事のネタが浮かんでくることもよくあります。
 
思いつきでメモしておいたネタが、そのままブログ記事のタイトルになることもありますし、そこからアクセスの集まる記事になることだってたくさんあります。
 
大切なのは、書きたい!という気持ちを逃さずに文章が書けるよう、ネタをたくさん持っておくということなのです。
 
ちなみに、てかてんは「Evernote」というアプリケーションを使って、ネタのメモを書いています。
Evernoteは、スマートフォンのアプリはもちろん、パソコンでも使えますし、常に同期できるので、いつでもどこでもメモを更新できます。
 
ブログの記事も、原本はEvernoteの中で書いているので、ネタ帳であり記事の仮書きノートの役割も果たしている優れものです。
 
よかったら使ってみてください。
 参考がてら、過去に書いたEvernoteの記事もあります。よかったら読んでみてくださいね。
 
 
 
 

ブログのテーマは重要であるが、テーマに縛られすぎないようにしよう

 
 
ブログには、あるテーマに沿って記事を書くことが必要です。
 
例えば、アニメに関するブログとして運営するとか、てかてんの書斎のように書評や読書に関してブログを運営とかですね。
 
メインテーマの無いブログには読者がつきにくいですし、メインテーマが面白いからこそその他の雑記記事も読んでもらえるようなものです。
 
ですから、ある程度のボリュームはメインテーマに沿った記事として書いていく必要があり、継続してメインテーマに触れる記事は書くようにします。
 
しかし、すべてがメインテーマに沿った記事にしてしまうと、たちまちネタが思いつかなくなったり、同じような記事ばかり量産してしまうことになります。
 
これを避けるために、メインテーマは6割、その他の雑記記事を4割といった具合で、肩の力を抜きつつ雑記記事も書くようにしましょう。
 
割合はブロガーによって異なると思いますので、あくまで一例です。
 
テーマに縛られすぎないブログ運営によって、書き手も楽しく息抜きをして、読者もブロガーのパーソナルな部分に触れたりしながら、ブログを成長させていきたいところです。
 
 
 
 
 

テーマに沿った記事を書きつつ、徐々に雑記ブログに

 
 
 
前述のように、テーマに沿った記事を書きつつ、少しずつ雑記記事も増やしていく。
 
そうする中で、別のテーマについても書きたくなったりしていきます。
 
他のテーマについても強くなれば、徐々に雑記ブログへと進化していくことになります。
 
実は、雑記ブログとして成功することは、多くのブロガーの目指すべき到達点なのです。
 
一つのメインテーマだけでは限界がありますから。
 
カリスマブロガー、アルファブロガーと呼ばれている有名なブロガーさん達も、最初は一つのメインテーマで書いていって、徐々に幅が広がっていった良い例です。
 
有名なブロガーさんの記事を読みながら、メインテーマだけでなく色々な記事を書いているなという勉強をするのも一つの手かもしれませんね。
 
 
 
 

これだ!と思ったネタについては、キーワードを狙ってアクセスの集まる記事にしよう

 
 
雑記記事も書いていこう!と話をしたところで、メリハリについても触れておきます。
 
いろんなジャンルの記事を頻繁に更新していくことで、ブログの幅も広がるし、コンテンツも増えていきます。
 
そうしてブログを成長させながら、これだ!と思うネタについてはしっかりと記事を作り込んでいきましょう。
 
たくさんの記事を書いていくとわかるのですが、ブログのアクセス全体のうち、そのほとんどのアクセスを占めているのは上位10〜20%の記事なのです。
 
つまり、たくさん記事を書いていっても、アクセスを集められない記事が8割を占めることになるということですね。
 
ですから、ライトな記事や雑記記事も大切ですが、ここぞという時には看板となるような記事が必要です。
 
このネタなら読んでもらえる!と自信が持てるネタならば、文量も多く、引用や画像なども取り入れながら、ブログの看板記事として仕上げましょう。
 
なんでもかんでも文量を多く気合を入れて書いていると、毎日更新は難しいので、ここぞというときに力を入れます。
 
 
てかてんも、普段は短い記事で1000文字くらいで、大部分は3000文字〜4000文字くらいの記事になっています。
 
特に面白かった本なんかについては、4000文字くらいかけて書評しますが、これもメリハリの一つですね。
 
さらに、これだ!と力を入れて書いた記事の一例としては、

 

tekaten.hatenablog.jp

 

こんな記事を過去に書いてみました。

この記事は、これまで読んできたビジネス本の中で、特にてかてんがお勧めする本を10冊厳選して選び、一冊あたり内容とためになったところ、さらに感想を踏まえてランキングにまとめたものです。

 

普段は1000〜4000文字くらいの記事を書いている中、「自分の生き方に影響を与えた、おすすめビジネス本ランキングベスト10」は、32000文字もの文量で書き上げました。 

 

これまで書いた記事の中で一番力を入れて書いたのですが、確かに結構な時間もかかってしまいました。

 

それから6ヶ月間くらいは、てかてんの書斎の中で一番アクセスを集める記事になりましたし、現在でも継続してアクセスを集め続けている記事になっています。

 

このように、しっかりメリハリを持って「これだ!」と思った記事には力を入れて書いてみると面白いと思います。

 

 
 
 

何はともあれ、とにかく更新する

 
 
いろいろと書いてきましたが、一番伝えたいことは「とにかくブログを更新しよう」ということですね。
 
かなりシンプルな一言にまとまりました(笑)
 
ブログが成長しない理由として、一番大きいのが「ブログを継続できない」ということなのです。
 
多くのブロガーが、アクセスが集まり始めるまでブログを継続することができず、あきらめてブログ運営をやめていってしまっています。
 
アフィリエイトで稼ぐ!と意気込んでいても、収入が発生するまでに大多数のブロガーがやめていきます。
 
ということはつまり、ブログを継続することさえできれば、アクセスも増え、読者もついてくれて、アフィリエイトを実行しているなら多少の収入にもつながっていくのです。
 
いろんな技術を駆使する前に、まずは記事を書くことを楽しんで、ブログを毎日運営することを楽しんでみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 

終わりに

 

 

ブログのアクセスを集める方法や技術は、今や本当にたくさんの情報がインターネット上に溢れています。

 

その全てが間違った情報だとは言いませんが、やはり「楽して短期間でアクセスが集まる!」みたいな情報には疑問が浮かびます。

 

どんなことでも、「より効率の良い方法」はあったとしても「楽して短期間で」という技術やノウハウはないと思っています。

 

そんなに「楽ですぐに結果が出るブログ運営術」が本当にあるのだとしたら、もっとブログの世界も変わっていると思いませんか?

 

それでもアクセスが集まらないブログや、ブログを辞めていってしまうブロガーさんがたくさんいらっしゃるのは、「楽して短期間で」というノウハウが存在していない裏付だと言えるのではないでしょうか。

 

多くの成功したブロガーさんが言っているように、やっぱり「アクセスが集まらない期間も我慢してブログを書き続ける継続力」が一番の成功ノウハウなんじゃないでしょうか。

 

だからこそ、継続するために工夫して努力し続けた人やそもそも記事を書くのが好きで、好きなことをただ続けていった人などが、ブログで成功しているのだと思います。

 

人それぞれやり方はあると思いますが、やっぱり楽しみながらブログを続けていけるように、工夫しながらブログを書き続けていきたいですね。