てかてんの書斎

書斎は「学んだり、考えたり、静かに読書したりする場所」だと思います。ここでは、自分の書斎かのように「学んだり、考えたり、書籍について考察したり」する場所です。明日をもっと素敵な一日にするための、考え方・習慣・仕組みについてもお話していきます。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

KDPで「自作のKindle本」を作ってみることにしました

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

 

f:id:Tekaten:20170625150354j:plain

 

 

ここ数年の間に、「自分で本を書いて出版する」ということに対してのハードルが大きく下がり、誰でも簡単に本を書いて出版することが可能になりました。

 

これまでだと、何かしらの能力が認められて出版社から「本を書きませんか?」とオファーが来るか、自分で書いた本を出版社に売り込むか、はたまた小説の新人賞などに応募して賞を取るか・・・など、基本的にはものすごくハードルが高いものでした。

 

現在は、Amazonが提供する「Kindle Direct Publishing(キンドル ダイレクト パブリッシング)」というサービスを使えば、誰でもKindleマーケットに「電子書籍」を発売できるようになっています。

 

しかも、アカウントの登録は無料ですし、電子書籍の金額も自分で設定できるらしく、自分が書いた本を売ることで収入にもつながるのだそうです。

 

すごいサービスが生まれだものだ・・・と思いますね。

 

 

ということで今回は、「Kindle Direct Publishing(キンドル ダイレクト パブリッシング)」と、このサービスを使って本を書いてみようと思います!っていう宣言をまとめます。

 

 

今回のトピックはこちら!

 

 

 

 

 

 

読書家なら一度は本を出版してみたいですよね

 

 

おそらく、読書が好きな人たちなら一度は「自分の本を書いてみたい!」と思ったことがあると思います。

 

てかてんも、自分で本を書いて書店に並んでいるところを見るのが夢なのですが、なかなか自分が提供できるコンテンツにも自信がありませんし、まだまだ力が足りないと思っています。

文章を書く能力や、自分自身のレベルを高めるためにも、ブログを通して成長したいとも考えています。

 

そんな悩みを解決してくれるのが、Kindle Direct Publishing(キンドル ダイレクト パブリッシング)ですね。

 

今、自分にかけるものを本にして、それを市場に出すことができる。

もちろん、何も提供できないようなダメな本を書いてでも、出版してみたい!という場合には利用しない方が良いと思いますが・・・

 

もしも、今自分が提供できるノウハウなり情報なりをしっかりまとめて本することができるのなら、それが世の中でどの程度需要があるのか?と実際に発売してチャレンジしてみることもできます。

 

何かしらの形で発信していかなければ、認知してもらうこともできませんし、そもそも売れるか売れないかなんてわからないものだと思いますしね。

 

ということで、ずっと書きたかったコンテンツをうまくまとめて、本を執筆するという経験をしてみたいと思います。

 

半端な気持ちで書いていては、ダメ本を書くだけになってしまいそうなので、内容やボリューム、金額などもしっかり吟味して世の中に少しでも届く本を書きたいと思います。

 

 

 

Kindle本を執筆・出版する上で必要なことや考えたことなどは適宜記事にしてみます

 

 

てかてんも、Kindle本を書くということについてはずぶのど素人です。

 

初めてKindle本を執筆して、出版するとなるといろいろなことを勉強したり調べたりしなければなりませんし、悩んだり・考えたりすることも多いと思います。

 

そんな「Kindle本を執筆・出版する上での情報」を適宜ブログの記事としてまとめていきたいと思います。

 

インターネット上には、体験記や必要な情報のまとめ記事みたいなものもたくさんあると思いますが、なるべくリアルなところが書けたらいいなと思います。

 

Kindle本に関する耳より情報は、記事にまとめていくことでてかてん自身の知識にもなるので、ログとしても取っておきたいところですね。

 

 

 

いざ本を書くとなるとワクワクしますね

 

 

いよいよ本を書く!となると、ワクワクしますね(笑)

 

初めてなのでうまく要領も掴んでいませんし、かなり時間がかかってしまうかもしれませんが、2017年中には一冊リリースしたいと思っています。

 

企画の出し方、タイトル付け、表紙の絵、内容の章構成、ターゲット、目玉になるトピック、本のボリューム、誤字脱字や内容の校閲・・・などなど、

考えることややるべきことは山積みです。

 

今ちょっと思いつくことだけをあげてみてもこれだけあるのですから、まだまだ先は長いですね。

 

毎日ちょっとずつ時間を見つけて書いていくことにしたいと思います。

 

とは言いつつも、日々のブログの更新や、年に100冊の本を読むための読書など、やるべきことはたくさんあるので、ある程度気合いを入れないと書けそうにもありません。。

 

頑張っていきます!

 

 

 

終わりに

 

 

文章を書くことはすごく好きで、本当はもっと読まれる文章が書きたいとか、毎日何記事も執筆したいとか、いろいろなことを考えています。

 

でも、なかなか時間が取れなかったり、ついつい本ばかり読んでしまったり(これは完全にやりたいことを優先していますが)、記事のネタが思いつかなかったりと、ややスランプ気味。

 

このブログでは、記事をどんどん書いていって、盛り上げていきたいなと思っているのですが、記事のタイトル付けの段階で手が止まってしまうこともよくあります(笑)

 

「検索上位を狙ってやろう!」みたいに気合いを入れるときは時間をかけるべきですが、日々楽しんで文章を書きたい!という気分のときは、あまり力まずに記事を書けたらなーとも思います。

 

そんなこんなで、ちょうどこれから「Kindle本」を書いてみよう!としていたところでしたので、書いていく過程を記事にしたり、書くために調べたことを記事にしたりして、てかてんの書斎のコンテンツのジャンルをまた一つ増やしてみるのもいいかも?と思いました。