てかてんの書斎

本業はメーカーの商品開発エンジニア。自宅ではもっぱら読書を楽しむ書評ブロガーとして活動中。読書は年間100冊ペースで、小説でもビジネス書でもなんでも読みます!ブログでは、書評・本から得た学びと考え・その他雑記記事を書いています。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

クーラーばかり浴びていると、身体がバテちゃいますね

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
 

f:id:Tekaten:20170703220525j:plain

 
 
夏が本格化してきました。
2017年の夏は、異常気象が多く、豪雨や予測不能の台風など皆さん苦労されていると思います。
突然、気温が激しく上昇し、いよいよ夏も本格化してきましたが、それに伴って夏バテになってしまっている人もいるのでは?
 
他ならぬてかてんも、夏バテか?!と思わしき体のだるさを感じています。。
 
基本的に体温は高い方なので、暖かくなり始めた夏初旬からクーラーを浴びる生活をしているせいか、どうも本調子がでないように感じます。
・・・これではいけない。
せっかくやる気を持って目標に挑んでいるのに、ぐだーっとしている時間はない!
 
ということで。
今回は、クーラーを浴びまくる生活と夏バテの関係について、てかてんの思うところをまとめていきたいと思います。
 
はい。完全に個人的なライフログです。
 
 
今回のトピックはこちら!
 
 
 

なるべくクーラーを浴びない生活を心掛けたい

 
 
 
暑いからといって、常にクーラーを浴びる環境にいると夏バテを引き起こしやすくなります。
そうはわかっていても、暑さに耐え切れず、どうしてもクーラーを浴びてしまう。。
 
そうすると、より夏バテが進んで体がだるくなる。
これじゃあ、負のスパイラルに落ち込んでいきます。
 
ということで、意識してなるべくクーラーを浴びない生活を心掛けたいところ。
これくらいの気温なら耐えられるな!ってときは、思い切ってクーラーを消そうと思います。
 
でも、我慢大会のように汗を垂らしてテレビを見る、なんてことはしませんが(笑)
 
クーラーばかり浴びていると、体が体温調節をする機能が弱まってしまうので、なるべくクーラーを浴びないように気をつけるだけでも夏バテ対策になりますよね。
 
少しずつ気にかけてチャレンジしていきたいと思います。
 
 
 
 
 

ウォーキングなど、体を動かす軽い運動を!

 
 
 
やっぱり夏バテ対策で一番大切なのは、運動をすることですよね。
クーラーを浴びないように努力する!っていうのは、その後の話かもしれません(笑)
 
適度に体を動かして、体力をつけると同時に、しっかり汗をかいて体温を上げる習慣をつけると夏バテに強い体になれそう。
始めたばかりですが、できる日は1時間弱のウォーキングをして、夏バテ対策とカロリー消費を狙いたいと思います。
 
 
 
 
 

水分と塩分を補給して夏バテに負けない工夫をする

 
 
 
後は、この夏気をつけないといけない熱中症
夏バテと同様に適度な水分と塩分を補給して対策したいところ。
特に、朝のうちに水分と塩分を事前に補給しておくことで異変が起こる前に対策しておきましょう。
 
汗をかきはじめてからあわてて水分補給をしても、手遅れになってしまう場合があります。
基本的には汗をかく前に水分と塩分を補給しますが、この時期はいつでも汗をかくので朝一番の補給が理想的です。
 
個人的なおすすめはソルティライチ(笑)
味も申し分ないし、水分と塩分が補給できる優れものです。
アクエリアスやポカリスウェットが苦手なので、重宝します!
 
 
 
 

終わりに

 
 
毎日暑いなー。。と思っていたら、いつの間にか夏バテになってしまいます。
夏バテになると、どうにもやる気が起きなかったり、体がだるく感じてしまうので、正直かなり辛いです。
 
せっかくのお休みもだらだら過ごしてしまったり、活動したとしても思うようなパフォーマンスが出せなかったりしてしまいます。
そうすると、もっとやる気を失って・・・という負のサイクル。
 
熱中症と同じように、夏バテも事前の対応が必要です。
 
まだまだ夏は始まったばかり。
これからもっと夏バテも熱中症も被害が拡大していくので、気を引き締めて夏を乗り切りましょう。