てかてんの書斎

本業はメーカーの商品開発エンジニア。自宅ではもっぱら読書を楽しむ書評ブロガーとして活動中。読書は年間100冊ペースで、小説でもビジネス書でもなんでも読みます!ブログでは、書評・本から得た学びと考え・その他雑記記事を書いています。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

Evernoteをネタ帳として活用しよう!

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
 

f:id:Tekaten:20170807233307p:plain

 

 
検索機能やシェア機能、写真や音声なんかも書き込めるとても便利なメモソフトEvernote
 
Evernoteの使い方は人それぞれですが、いつでもどこでもメモができて、スマートフォンでもパソコンでも使えるEvernoteはちゃんと活用したいところです。
 
普段からメモを取る習慣がある人は、手帳やノートを使って手書きのメモを沢山とっていると思います。
てかてんも、かなりの「メモ魔」であり、A5サイズのちょっと大きめなシステム手帳を持ち歩いて、なんでもかんでもメモしています。
スケジュールやネタ、タスク管理、メモ、打ち合わせの議事録、資料のコピーなど、あらゆる情報をシステムに詰め込んでいます。
 
でもちょっと不便なところもあるんです。
システム手帳がA5なので、どんなところにも持ち歩くということが難しい。
あ、メモしたい!と思っても、カバンの中だから出すのめんどくさい・・・ってなっちゃいます(笑)
そんなときに、Evernoteにさっとメモするととても便利です。
メモやネタをEvernoteに書き込んで、後ほど印刷したものをシステム手帳に綴じていけば、手帳にメモできなくても全て後から手帳にまとめることができます。
 
そんなこんなで、Evernoteはメモ帳、ネタ帳として活用すればとても便利なツールなんですね。
思ったネタをどんどん溜め込んで、Evernoteをネタ帳として活用する方法をまとめていきます。
 
 
今回のトピックはこちら!
 
 
 
 

「ネタ帳」のノートブックを作成する



 まずは、Evernoteを起動して、「ネタ張」という名前のノートブックを作成します。
 
 

f:id:Tekaten:20170807234512p:plain


まず、図のように「ファイル」をクリックして、


f:id:Tekaten:20170807234518p:plain


上から3つ目の「新規ノートブック」をクリック。

f:id:Tekaten:20170807234515p:plain


そして、「ローカルノートブック」をクリックすると、Evernoteに自分の好きな名前でノートブックを作成できます。

この「ローカルノートブック」をクリックして、「ネタ帳」という名前のノートブックを作ってみましょう。

 
 

思い付いたネタは、「ネタ帳」の中にノートを作って書き溜める



この「ネタ帳」というノートブックの中に、ネタが思い付いたらノートを作って書き込んでいきます。
ネタが思い付いたら、ネタの名前を簡易的につけてノートを作っておくと、後で見直したときにわかりやすくなります。

例えば、
友人と話していて「これはブログのネタになるな」と思ったときは、「ブログネタ」という名前のノートを作ります。
そして、そのノートの中には箇条書きでも良いので、タイトル案とか書きたいこととかをざっとメモしておきます。

こうやってネタを溜め込んでおけば、暇なときにEvernoteを開いてネタ帳を眺め、追記していくことができます。
ポイントは、思い付いたことは何でも良いのでとりあえず書いておくということ。
文字にしておくだけで、頭がすっきりしてネタが広がりやすくなったりします。
どんなことがネタになって、どんな風に広がっていくかわからないので、とりあえず書くことがポイントということですね。


 

1つのネタにつき、1つのノートを作ろう


ネタ帳に書き込んでいく際、1つのネタにつき1つのノートを作っておくようにしておきましょう。

先ほどの例だと、「ブログネタ」というノートを作成しましたが、次にまた新しいブログのネタを見つけたときは「ブログネタ」のノートに書き込むのではなく「ブログネタ2」とかブログタイトルになりそうな名前をノートにつけたりして分けておきます。

本屋さんで本を探す方法をブログに書こう!と思い付いて、ネタ帳にノートを作るという場面であれば、
「ブログネタ 本屋さんで本を探す方法」というノートの名前をつけておけば、そのノートがブログネタのノートであることもどんなネタなのかもすぐわかります。

ノートを1つずつわけておく理由は、ノートの中身をごちゃごちゃさせないため。
いくつものネタが混在したノートだと、下まで画面をスクロールしないと見えない文章も出てくるので、ネタが広がりにくくなります。
Evernoteはノートの数に制限がないので、どんどんノートを作っても大丈夫。

「ブログネタ」というキーワードでEvernote内を検索すれば、どれだけノートが増えていてもすぐにノートを探すこともできますので、迷わずノートを増やしましょう。




まずは「ネタ帳」のノートブックを作って1ネタ書いてみて



ネタはたくさん書きためておくと、ふとしたときに役に立つものです
必死になってネタを考えてもなかなかでてこないのに、ゆっくりしてるときとかぼーっとしてるときに突然ネタが降ってきたりするんです。
そういうときにEvernoteを使ってネタを溜める。

これは、普段から習慣的にやっておくと効果を発揮してくれます。

ということで。
とりあえず早速「ネタ帳」のノートブックを作成して、なんでも良いので1ネタ書いてみてください。
そこからネタを書き溜めるという習慣を作っていきます。

最初は意識してネタをEvernoteに書こう!と思って取り組んでいないと習慣になりませんから、頑張ってみてください。
ネタが増えてくると、いろいろ便利になったりするので、続けていくことをおすすめします。



 

終わりに



Evernoteの使い方とか便利な機能とかをまとめようと日々思っているのですが、なかなかブログに書けていませんでした。
これから少しずつ、Evernoteに関する情報を発信していきたいと思います。

現状ではクラウド機能があるメモ、ノートのアプリケーションでEvernoteは最高クラスです。
ビジネスで使っている人も多いので、プライベート用であっても、使いこなせるととても便利。

もっといろいろな情報を集めて発信したいと思います。