follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の振り返り!「目標の結果」と「ブログ運営」について

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:Tekaten:20171209011143j:plain

 

ついに2017年も最終日。

今年はいろいろありましたし、いろいろなことにチャレンジしました。

自分にとって変化の年だったなーと振り返ります。

もちろん、2018年はもっともっと飛躍する年にしたいと思っています。

ということで今回は、2017年を振り返る記事をまとめていきます。

 

今回のトピックはこちら!

 

 

 目標設定とその達成具合

まずは、目標設定とその達成具合についてですね。

目標は、このブログで記事として取り上げていたわけでなく、個人的に手帳に書いていたものですが、多くを達成することができました。

2018年は、しっかりブログ記事として目標を立てて、その達成具合を見ていきたいと思います。

 

さて、2017年の目標をざっくり書くと、 

 

年に100冊の本を読む

読んだ本を書評する記事を書く

ブログを書けるだけ書く(すごく曖昧な目標でした・・・

電子書籍を書く!(出版ではなく、書くことだけを目標にしていたようです(笑)

年に1回以上、海外旅行へ行く

 

みたいな感じ。

その他にも、体重をどれだけ減らすとか、月に1度大掃除するとか、細かいものもたくさんありましたが、ここでは割愛。

 

この目標の達成具合はというと・・・

 

2017年は102冊読了

読んだ本の70%は書評完了

ブログは後半2ヶ月ちょっとで毎日更新完了

電子書籍の執筆スタート(2018年春先で出版したい

昨年3月にヨーロッパ旅行へ行きました

 

という結果に。

達成そこそこ達成みたいな感じでしょうか。

仕事やプライベートでも大きく変化した1年でしたので、その中でこれだけできたことについては満足しています。

2018年は、そこらへんの変化も見据えた目標にしつつ、目標自体も抽象的でなく分かりやすいものにしておきたいと思います。

 

Twitterとブログ読者について

自分の中での変化としては、一方的な発信ではなく交流を楽しんでみることで、発信のやり方にも違いが出たかなーと思いました。

主には、10月くらいから本格的に始めたTwitter」と「ブロガーさんとの交流」です。 

ただ一方的に記事を書き続けるだけでなく、いろいろな交流をすることを楽しむようになりました。

その交流の中で、記事はこんな風に書いたほうがいいかな?とか、こんな記事をまとめてみたら面白いかも?という思考になったんですね。

あとは、単純に皆さんと交流することが面白くて、毎日楽しませてもらっています。

 

Twitterはフォロワーがほぼ0の状態から250人へ増加

ブログ読者も40人から120人へ増加

さらに12月の読者登録増加ランキングで102位にランクイン

yto.hatenablog.com

 

発信活動や読書活動のやり方を変えることで、いろいろと変化のあった2ヶ月間でした。

やっぱり、一方的に情報発信するだけでは、たくさんの方へ伝えることは難しかったのかもしれません。

そして、Twitterのフォロワーさん、ブログの読者さん、その他交流したいただいた方々、本当にありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

 

 

2ヶ月連続更新をやってみて

 

とにかく毎日更新だ!と意気込んで、2ヶ月間毎日記事をアップしてみました。

やっぱり毎日アップは大変だし、どうしても無理がある時もありました。

それでも、毎日書いたことで読んでもらえた記事もあったと思うし、読者さんやフォロワーさんが増えたことにもつながったと思います。

発信するとなると、定期更新は大切だなーと感じましたね。

 

2018年も毎日更新!と言いたいところですが、実際どうなるのかまだわかりませんね(笑)

これまでも何度か休載しながら書き続けてきたブログですが、2018年は休載せずに書き続けることを目標に、毎日ではなくてもブログをしっかり続けていきます!

 

終わりに

2017年も皆さんどうもお世話になりました!

おかげさまで、とても楽しく充実したブログライフ・読書ライフを満喫することができました。

皆さんは素敵な1年になったでしょうか??

 

2018年はもっと素敵な1年となりますように。

今後ともよろしくお願いします!

 

速記でまとまりのない記事を2017年最後の記事にしてしまって大変申し訳ないですが、時間があまり取れないのでこの辺で(笑)

良いお年をお過ごし下さい。