follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

1キロ痩せるには7000kcalの消費が必要!

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:Tekaten:20180105231822p:plain

ダイエットをしたいと思い始めて早数年が経ちます。
皆さんも、「今日からダイエットするよー!」って言ったものの、なかなかダイエットに成功しない日々を過ごしているのでは?
 
闇雲に運動したり食事制限をしたりしても、なかなかうまくいかないのがダイエットです。
歳を重ねるごとに、身体の基礎代謝が落ちていって、どんどん痩せにくくなってしまいます。
本当に痩せたいという気持ちはあるのに、どうしても痩せることができない。
多くの人が抱えているジレンマです!
ということで、どれくらいカロリーを消費すれば体重が減るのか?について学問的に考えて、ダイエット計画を立てていきましょう。
 
今回のトピックはこちら!
 

 

 1キロ痩せるためには7000kcalの消費が必要

1キロの体重を減らすためには、7000kcal分のエネルギーを消費する必要があるのだそうです。

この消費カロリーを知っておくだけでも、やみくもなダイエットより目安ができますよね。

自分が何キロ痩せたいのか、痩せる期間はどれくらいにしたいのかなどに応じて、日々の消費カロリーを設定してみても面白いですよね。

 

体重によって、同じ運動でも消費カロリーは異なりますし、運動のやり方や活動時間でも変わってきます。

自分の体重に合わせて調べてみることをおすすめしますが、ある程度の目安として、

「〇〇をやったら、だいたい△△kcalくらい消費する」

と頭に入れておくと良いでしょう。

 

もっとも簡単で理解しやすいのは、歩数を毎日測定して、その歩数でおおよその消費カロリーを計算してみるというものです。

何かしらの目安を持っていれば、ダイエットを続けやすくなりますよね。

 

何はともあれ、7000kcalの消費で1キロのダイエットです。

10キロ痩せたければ、その10倍の7万kcalの消費が必要だということ。

まずはこれだけでも頭に入れておきましょう。

 

1日500kcalの消費で、1ヶ月に2キロ痩せられる

 

これはあくまで例えなのですが、1ヶ月に2キロ痩せようと思うなら、毎日500kcalの消費が必要だということになります。

500kcalなら、ちょっと歩く時間を増やしたり、普段の食事から少し炭水化物を減らしたり、ジュースを減らしたりするだけでも簡単に達成できます。

あまり生活スタイルに大きな変化を持たせなくても、1ヶ月あたり2キロのダイエットが目指せることになるわけです。

 

歩く時間を増やす、エレベータを階段に変える、ストレッチをする、軽い筋トレをするなど、1日のうちにちょっとした運動を組み合わせて消費をプラスします。

また、ジュースをお茶に変えたり、夜のお米を半分にしたり、お菓子をやめたり、食べるものの順番を変えたりと、摂取でも小さな変化を組み合わせます。

この消費と摂取の組み合わせで、1日500kcalを減らしてしまえばいいわけですね!

消費方法だけにとらわれず、現状に対して摂取を減らすことにも目を向けてみましょう。

 

このようにしっかり計画段階で調節しておけば、やみくもなダイエットよりも「痩せることにつながっている!」と安心して取り組むことができますよ。

 

痩せたい!というだけでなく、本気になろう!

これはてかてん自身に言っているようなものですが、

「痩せたい!というだけでなく、本気になる」

ことが第一歩ではないでしょうか。

 

痩せる!とか痩せたい!とはみなさんよく言ったもので、もはや口癖のようになっている人もいます。

もちろん、痩せたいのは本意だと思いますが、そこにどれだけの覚悟が伴っているのかということですね。

 

結論は、本気で痩せる覚悟がないと、あらゆる誘惑に負けて痩せることはできない!ということです。

残念ですが、てかてんも覚悟が伴っていないようで、なかなか痩せることができていません(笑)

でも実際にカロリー計算して、毎日500kcalずつ調整していくと、ちゃんと数キロ痩せた時期もありました。

効果があることもわかっていますが、あとは本当に覚悟だけなのです。

 

そろそろ覚悟を決めて、ちゃんと痩せようと思います。(笑)

 

終わりに

 

今年こそは痩せたい!

と思いまして、ちゃんと目標にも加えてみました。

痩せるための動機もしっかり見つけているので、コツコツ取り組みながらチャレンジしていきます。

その中での工夫とか、考えとか、記事にまとめられるとおもしろいかもしれませんね。

何より、自分への戒めになります(笑)

 

本日も、てかてんの書斎にお越しいただき、ありがとうございました!